2010.09/13(Mon)

【だんな様は霊能力者】 守る 

あなたの過去世は・・・とか、
あなたの前世は・・・とか。

信じている人も、いない人も。
そんな記憶に悩まされる人も、
すっきり忘れて生きているつもりの人も。

結構、そんな表現、ふつ~~に使っていたりしますよね。

究極、前世があるか、ないか・・・
そんな論議をするよりも、
「もしも、前世があったなら・・・」という視点で
今日は書いてみましょう。

昨日のお話は、自分の中に眠っている先祖から伝わってきたもの。
(↑多分、身体の中にあるっぽい)

そして、今日は自分の心の奥にある自分の魂の歴史というと
ちょっと格好良すぎですが、
(↑多分、場所は確定できない)

で、例えば何度か生まれ変わってこの世に出てきたとして、
さて、どうかな?と考えると・・・
多分ですが、あんまり変わらない(苦笑)

実際、そんな記憶を持った人達と、そんな話をすると、
「ああ、なるほどね」
と、腑に落ちる感覚があります。

「馬鹿は、死んでも馬鹿」
と、これをだんな様が口にするとこういう表現になったりします(爆笑)

つまりは、何度生まれ変わっても、基本的な性格や行動は・・・
魂からすると変わらないのですね。

とすれば、同じ今の人間のまま、違う価値観の世界に
何度か生まれ変わっているってことになるわけで。

あるときは、生まれてみたら、
一生懸命、火をおこしている時代だったとか
あるとき、生まれてみたら、
えーーい、ってお互い争いが絶えなかった時代とか
あるときは、の~~んびりした時間が流れている時代だったとか。

この繰り返しを、
繰り返すしかないから・・・と生きるのか。
え!また繰り返してる・・・と生きるのか。
って、基本的には本人の自由です(きっぱり)

昨日の遺伝子もそうですし、
今日の魂もそうですが、
一番、基本にあるのは、多分「自分を守ろう」とする本能だったりするのかなと。

で、守って、守って、守って、
多分、生き残るんだけど、それで生まれ変わって・・・。
あ~、そんな先のことまで考えている余裕なんてない!
とか言われそうですが・・・。

逆に、同じことを繰り返さない人は、
先のことを考えている余裕がないどころか、
今、起こっていることを色んな意味で、
「絶対に、忘れない」
「絶対に、繰り返さない」
「絶対に、ここから立ち上がってみせる」
みたいな、ぎりぎりの気持ちをもっているのかも知れないな・・・と
思ったりもします。

つまりは、同じ「守る」でも
守り方や
守る範囲の
が違ってるのかな?と観察中。

暫く前、ちょっと不得意なことが出てきたときに、
「これ、来世にとっておきましょうか?」ってのが流行りましたけど、
多分、ココでクリアーできないものは、
きっと、次も無理かも知れないな・・・と思ったりもします。
何を守ろうとして、繰越してるのかしら?
と、ふと、思ったらなんだかふと、繰り越そうとした自分が
笑えてしまいました。

「あ、これって多分、前世でも繰り越したかも(苦笑)」
いや~、自分の姿、スパンを変えて、
ちょっと違う視点から見てみるのも、
確かに、気がつくこともあるかも知れません。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  04:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |