FC2ブログ

2010.10/27(Wed)

【だんな様は霊能力者】 怒る と 怒る 

あら、漢字にすると同じになるのねと思いましたが、
「怒る(いかる)と怒る(おこる)は違う!」と、
だんな様は言います。
勿論というか、
「叱る」と「怒る」も、これまた違います。

その違いとは・・・
多分、どのくらい感情に振り回されてるかってことかも。
それから、誰のためにその感情が出てきているのかってことも。

そういう意味で言えば、
「仏に帰依しない人々を、怒る姿で従わせようとする、
例えば、不動明王なんて、そのまんまの姿じゃない」と私。

どうやらこの当たり、もう少し詳しく観察する必要があるようです。

「このところ、何だか怒りっぽくて・・・」という人達の
ニュアンスには、どうもポジティブな感じだけはないものが
ありますもの。

もしも、その「頭にくること」=「悪いこと」みたいな
法則がどこかでインプットされていたとしたら、
そこは、一度、修正せねばなら無いかもしれないと
思い始めました・・・(あはは、まただ・・・)

いづれもイライラした感情が伴いますから、
一見同じに見えますが、それこそ、
「いや、ちがう!」と、怒る(いかる)声がどこからか
聞こえてきそうです。

人の感情のイライラ度をこれまた観察していると、
そのエネルギーにも大きな差があるようで、
カチンときたら、すぐに怒ってしまう・・・
カチンときても、まあいいかと思う・・・
カチンと来る事自体が滅多にない・・・

などなど、様々。
とはいえ、いつか書いたように特別な感覚を持った人というのは、
この感情のエネルギーが大きい・・・か、
あるいは、とてもとても敏感か。
どちらもと言うこともありですが。

だんな様を観察していると、
頭に来るような事がある場合、一瞬でとりあえず目盛りのあるところまで、
ぶっちぎってメーターが上がり、
その後、そのメーターは、そのままで、
次のメーターが動き始めます。

それは、カタカタと言う音とともに、計算する音(笑)

「どうすればいいか・・・って、計算してる・・・」
らしいです。

さて、そんな計算があっても、なくても、
同じ言葉が、誰かにとっては、叱られた・・・になり、
誰かにとっては、怒られた・・・になり、
誰かにとっては、怒りの(いかり)の対象になったりします。

ですから、一生懸命、言葉の違いをこうして分析していますが、
あれれ?そうではなくて、それをどう人が捉えるかって話しだ~と、
今更のように気が付いてしまいました(涙)

だから、どう違うのよ!と、どこからか聞こえてきそうですが、
人の心や捉え方は、「時間」と共に変わったりするので、
なかなか「これ!」と表現するのが難しいです、はい。

むか~~し、先生に叱られ、
ああ、先生、あんな事したから怒った(おこった)んだ~と思い、
でもって、ちゃんと叱ってくれた先生って、
そもそもこんな風になるまで誰も気が付かなかったのか!
と、怒って(いかって)たな~と思い出す。

え?分かりにくいって?
後は、ご自分で分析あれ!(逆ギレ、怒り(これは「いかり」でしょうかね?モード)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト



EDIT  |  03:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●Re: おこる

コメントありがとうございます。

とはいえ、やっぱり怒ったり、叱ったり、ついしてしまうものですよね。

冷静になる。

そうか、冷静に戻る基準点みたいなものが必要なだけなのかも知れません。
くみ | 2010.10.30(土) 02:31 | URL | コメント編集

●おこる

最近私はおこっていかっていたんだ!きっと。
感情的にならずに叱っていれば励ましにも繋がるのかなぁ?叱咤激励といいますものね。
冷静になろうと思います。
ちっち | 2010.10.28(木) 00:47 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |