2010.11/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 慣れ 

「慣れたいと思ったら、できるだけそこの空気を吸うことだね」
と、だんな様。

第一段階のお話です。
何かある場所に馴染むには、最初は「そこ」にいることから始まると。

そういえば、ここの月例会。
ま~、話題が様々で、仏像の話から、経済の話、はたまたスピリチュアルな話まで。
終わった時には、いつも「今日、何の話をしたっけ?」と二人で思い出せないことが
多いのです(笑)

もう数年、ここに通っている彼女は、被りがひどくて、
その他もっとダイレクトに色んな影響を受けていました。
だから、車を運転していて、危ないとか、
夜の訪問者が多くて眠れないとか、
だから、ますます、ボーっとして・・・。
というのが数年前の状態。

今では、自分の本来の強さを意識できるようになって、
しっかり、仕事も恋も頑張っています。

それでも通い始めて、最初の半年は「話し」が分からないと、
それでも、「泣きながら」通っていたといいます。

「始めは何も分からなくて良い。
というか、分からないなら、まずはそこに浸ること」
と、だんな様が繰り返します。

きっと、人は頭で分かる、分からない以外にも
沢山、受け取っているものがあるのでしょうね。
そして、それが自然になると、やがて馴染んでくる。

さて、ここからが次の段階です。
ただ、馴染んでしまっておしまい!ってなると、
馴染んだ後は、そこにいるだけになってしまう(涙)

次の段階では、多分それまでに無意識に吸収していたものを、
組み立てるとか、
自分に照らして考えるとか、
もっと大きな規模で、あるいはさらに小さな規模で考えるとか、
まさに次の段階を向かえることになります。

逆に、何かの都合で、その空気を吸い続けることが出来なくなるとき。
そんな時もありますが、そんな時は、暫く時間が空いても、
また、その空気に触れると、ちゃんと思い出せるから不思議。

頭では忘れているつもりでも、ちゃんと体や心は覚えている・・・
そんな感覚になります。
こんな振り返り方は、同じ「昔を思い出す」でも
かなり自分にとって、プラスな匂いがしますよね。

はたまた、な~~んにも考えずに、あることを続けていると、
やっているのに、やってないのと同じぐらいの効果しかなくなるってこともあります。

ちょっと前にやっていた「スクワット前蹴り行」
あれからどうなったかというと、
数ヶ月かけて、100回やれるようになったところで、
いったんやめました。
「同じトレーニングばかり続けていても効果がありませんよ」
師範も、だんな様も同じことを言います。

「当たり前」になったことを続けても変化がなくなるのでしょうね。

さて、さて、こうして、自分のいる環境は、色んな刺激を与えて
くれるわけですが、その続け方とやら、選び方とやら、
変化のさせ方とやら、これが結構自分で組み立てているつもりが、
ここに「自分への言い訳」が知らない間に忍びよります(爆笑)

だから・・・「やめる」なら「ただやめる」のではなく、
その時間に「他の事を意識して始める」

『慣れは恐ろしい・・』とは色んな意味で使われますが、
やっぱり、事実だと思います。

せっかく何かをやっているのに、
やっているつもりにならないようにしたいものですよね~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |