2011.01/26(Wed)

【だんな様は霊能力者】 被って当然 

人や場所からの影響を受けて、毎日大変な方も多いでしょう。

実際、だんな様もわたしも、場所の悪いところに行くと、
ど~~も機嫌が悪くなってしまうことがあり、
今日の場合は、体調より、機嫌が悪くなってしまいました(苦笑)

さて、最近特にだんな様が口にするのは、
「被って当然」のひとこと。

被りの最大の敵は、「被ったらどうしよう・・・」という恐怖感らしく、
この被りへの恐怖心は、実寸大の被りを見事に倍増してくれます(涙)

「被って当然、被ったら祓えばいいやと思えるかどうか」
それが、大きな違いになるそうで。

あら、あら、どちらにしても結局は被るのなら、
せめては実寸大にしておきたいものですよね。

いや~、こんな恐怖も、それから空手で味あう恐怖も、
ある意味、同じだったりします。
今、まだ白帯の彼女は、足も腕も現在あざだらけ(涙)
・・・ってことは、自分が人にあざを作るぐらいの強さでやっているってこと。

そして、その強さは、明らかに「突きや蹴りを受けて、痛い思いをしたくない」
と思う恐怖心から、無謀に手や足を出してしまうのです。
(↑経験済み・・・と言いたいところですが、
今もこれは経験中・・・と表現するのが正しいと思います)

恐怖心、あって当然です。
相手が黒帯で、本気になったら、数秒後には立っていられないでしょう。
だから・・・です。

ちゃんと、恐怖と向き合えば、
今日はココが痛かった・・・ぐらいで済みます。
というのが目的ではないのですが、
今日は、ここが痛いけど、どうやったら防げるんだろ?と
冷静に考えて(あんまり冷静でなくても)次への練習の工夫につながる。

恐怖心でスパーリングをする彼女の足は、どこもかしこもあざだらけでした。

空手でスパーリングをやって、痛いのはある意味当然なのです。
という割には、ちょっとした怪我の度に大騒ぎしていますが(←私)

どちらにしても、「当然」の事は、「当然」起こるのですから、
実寸大で受け止めて、冷静に対処したいもの。

この前、久々に月例会でお会いした彼女が言いました。
「最近被らないんです。被っても大したことないしねと思い始めてから」

特に、人を癒す仕事をしている人は、この被りを怖がっていては・・・
「仕事にならん!」と、一言、だんな様が申しております。

実際、今のあなたは、被っても被っても、したたかに生き延びているでは
ありませんか!(笑)

それが、何よりの証拠です。
ただし、被りはためすぎないで、リセットすることはお忘れなく!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  00:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |