2011.02/14(Mon)

【だんな様は霊能力者】 魂の種類ってあり? 

ココでも時々話題になりますが、
人間がもしも生まれ変わるとしたら、
肉体よりも魂の年齢はずっと長い・・・ってことになるわけで。

あらら、それだけ学んできたのかしら?
と、自分につっこみを入れたくなるのもありますが、
それは、それでおいといて・・・。

と、人をよく、よく観察すると、魂にもそれぞれ種類がある感じがしてきます。
勿論、魂はいくつかの部分でできていて・・・という分け方もあると
思いますが、ここでは、今生きている人から、それをたどるとちょっと
また違った側面が見えたりする感じがして、観察、観察、です。

まずは、神様や仏様ととても縁が深い人系

どうもやっぱり、昔もそういう仕事や場面に居たことがある人が
多いようで、趣味や趣向は、生まれ変わってもあまりかわらない
感じがします。

神様や仏様に対するあこがれを持っている人は、
「修行」と聞くと、普通は「え~」って思うことも、
なんだかうれしそうに「やります!」なんて答えてしまう・・・。
どこかでそれが目指す方向へ近づくと知っているかのようです。
(としか、考えられない・・・汗)

しっかり「役割」を持って生まれてきた、
もっと、もっと、神様や仏様との縁が深まってきた人になると、
自分の選択肢が増えるように普通は思われますが、
実は、その逆だったりします。

よく、「私は何のために生まれてきたのでしょう」と考える。
「このためです」
「あ、そうですか」
と、素直に従えるようで、
そんなに単純でもないわ~と。

かくいうだんな様を含め、そんな役割を持って生まれてきた人たちって、
最後まで抵抗するものらしいです。

「それ以外の扉がどんどん閉まって行く感覚ってあった」

・・・ん・・・かわいそうな響きもしますが、
考えてみれば当たり前。
その役割で生まれてきたのであれば、それしかないわけで。
役割を果たす上で、いろんな通り道はあるにしても、
絶対的にその方向に進まなくてはならないという時期もあるのでしょう。

「でも、結局は何をやっても同じ道を歩んでいたと思う」
と、その役割を心で受け入れた時に初めて、少しずつそんな風に
思えたりするのでしょう。

なので、「私の役割ってなんでしょう?」って質問。
こんな人たちからすれば、好きなように選べるのだから、
好きなように役割も選べば良いのに・・・と思うのも当然かも。

ですから、お勧めは役割がきちんと見えない間は、
その可能性を最大限に広げるべし!と思います。

まあ、本当に「役割」が生まれつきある人は、
最大限に広げていても、選択肢があるようでなくなる時がやってくるのですから、
それまで楽しんで!と。

さて、さて、それでも魂の向く方向というのは、
やっぱり「癖」みたなものがあるのでしょうね。

理由もなく、それこそ、理屈なく、
神様や仏様との縁を深めて行く人たちは、
ブームになっているとか、ご利益があるとか、
そんなことではない部分がある感じがします。

とはいえ、ブームになっているから気になるのか、
はたまた、それとは関係なく好きなのか。
本当にご利益をあてにしてないのか。
ここは、切り離すのって難しいですよね。
というか・・・無理っぽいわ・・・(ため息)

自分の魂の種類を見極めるには、
他人の評価がまったく気にならない場所や空間で、
ちゃんと自分の「心地よい場所」を作り上げる。
自分の好きなものに囲まれてみる。

そんな作業も、魂の種類を見極める一つの方法かも知れませんね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  04:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

Comment

●そういえば

学生時代に源氏物語によくでてきた何かあれば出家をする高貴なお方々に憧れていました。
尼僧やシスターの頭の被り物も素敵に思える。
神職の方の袴や巫女さんの装束や髪型ええなあ。
などと思える私は……
なんて考えてしまいました((笑))
ちっち | 2011.02.15(火) 00:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |