2011.04/04(Mon)

【だんな様は霊能力者】 人ごみ 

被る人は、おおよそ人の多いところは得意ではないことが多いです。

沢山人がいれば、当然それだけ悩みを持った人も、
色んな苦労を感じている人もいるから、当然といえば、当然。

しか~~し、自分が被るからと、出かけるのをやめるっていうのも
なんとなく悔しいじゃないですか!

と思って出かけても、被るのは被る(苦笑)
ま~、今日の全関東空手道選手大会でも、しばらくしてからドンと、
そりゃあ被りました。

人が多いだけでなく、試合に出る人の不安や緊張まで伝わってくるわけで、
空手の試合の観戦はとても、疲れます。

それでも、多くの人が頑張っている姿を見ると、
被っている場合じゃない!なんて思ったりもします。

多分、自分でこうしてドンと被って思ったのですが、
きっとその前の私と全く違ったキャラクターの人間になってる・・・。
笑えなし、人と話せないし、妙に頭が重いし・・・。
おかしいと思いながらも、ちゃんとおかしい、いつもの自分じゃない!
と、モニタリングできてないと、確実に被りの餌食になります。

でもって、もとも自分の感情でこうなったわけではないので、
影響が軽い間に、ポンと落ちることがあれば、
急にまたもとの自分キャラに戻れます。

・・・って、モニタリングして思ったのですが、

この、自分でもコントロールできない「被りを受けた瞬間」の
雰囲気の変わり方・・・。
よほどの人じゃないと、
「あなた、ちょっとおかしいわよ」なんて言ってくれるはずもなく、

「なんだか、コロコロ雰囲気が変わって、
どれが本物かわかりにくいわ」って人になってしまう可能性大!

と、思って昔の自分を思い出すと、
確実に、私に戸惑いのまなざしを向けていた人が
かなりいた気がしてきました。

わかりにくい人は、
わかってもらえない。

わかりにくい人は、
一体何を考えているの?って
人をイラつかせることがある。

これって、自分の周りにいる「よくわからない人」を思い出せば、
容易に想像がつくと思います。

で、自分がそうなっている可能性があるわけで。

例え相手が「あわせる気持ち」があったとしても、
何に合わせたら良いかがわからないのでは、
とりつくしまもありませんものね。

さて、ここまで来ると、
「それじゃあ、普通の私ってどこにいるんだろ?」って話になりますよね。

自分でもそれがわからないから、苦労しているわけで。

ん?これが「悟り」(自分を知ること?)
な~んて、いつものように思考が暴走しているようですが、

「それも立派な悟りだよ」

被った自分をモニタリングして
悟れるなら、あら、ちょっと面白そう・・・。

と、ちょっとうきうきして思った私はいまのところ、被っていないみたいです(笑)

(語るぞ、「被り」連載中です)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



スポンサーサイト
EDIT  |  02:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011.04.04(月) 09:51 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |