2011.05/27(Fri)

【だんな様は霊能力者】 驚異の回復だ~ 

火曜の夜、道場で足を痛めましたが、
それこそ普通に歩いて帰ってきたのです。
それこそ普通にお風呂にも入って、
それこそ普通にブログを書いて、
布団に入りました。

痛くて眠れないな~と思いながら、うとうとし、
起きたら、もう床に足をつくだけで激痛が・・・。

家の中にある杖替わりになるものを使って、
やっとこさっとこ、動ける程度。

やっとのことで、だんな様に少し治療をしてもらい、
水曜の夜にはだんな様の弟子に気療を施してもらい
(って話は、昨日のだんな様のブログにもありましたが)
かなり楽になりました。

という話の続編です。

眠っていた時から、どうも怪我した部分がどんどん炎症を
起こしている感じがしました。
病院に行って・・・いや、病院まで行くのがつらいって程度だったので、
今日の私の姿を見たら、「あれって、仮病だったんんじゃない?」と
言われそうです(笑)

確かに、もう大丈夫と買い物に出かけたら、
足は痛かったです。
でも痛かったのは、怪我したところをかばって使いすぎてしまった部分。

しばらく、それも無視して歩いていたら、それもどうにか収まりました。

わずかに痛みが残っていますが、
初めの痛さに比べたら、全く痛くないのと同じぐらい(驚)

こんなことってあるんですね~。

ちなみに、だんな様の弟子は、鍼や灸を使った治療もされますが、
気療はそのどちらも使わず、傷んだ部分の邪気を抜き、
気の流れが正常になるようにサポートすることで、
回復を促してくれます。

ま、いまだ、この「気」とやら、個人レベルで測定できる研究が
なされていないので、色々見解はあるのでしょうけど、

今、翻訳している本、
「重力がどんなふうに作用しているかいまだにちゃんと解明できてない。
でも日常生活で、歩くとか、物を置くとか、何かを作るとか。
解明されなくても利用している。
気も同じ。あるとわかっていて、効果があるなら使えばよい」と。

というわけで、気療の体験レポートでした。
全快まで気を抜かないで、治したいと思います!

いつも思うのですが、病気やけがってなってみないと、
薬や治療がどのくらい効果があるかってわからないものですよね(笑)

同じことをいつも、デモンストレーションで「落ちる洗剤」の売り場を
通りかかる度に思います。
「落ちる洗剤より、そこまで汚れた換気扇をどこで毎回手に入れてるか知りたい」って(笑)

余談でした。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  23:15 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |