2011.06/10(Fri)

【だんな様は霊能力者】 写真に写っているのは・・・ 

もう一つのブログと同じ「写真」について。

最近、オーブが写った写真を持ってこられる人がちらほら。

考えて見れば、人の目に「見える」ものなんて、
実際に「ある」ものの一部でしかないので、
何かの拍子に、光のあたり方で、何かが映るというのは「あり」でしょう。

透明ということになっている、ビニールや、ガラスが
ちゃんと写真に映るのと、ある意味同じかもしれませんね。

問題は、それが何かということなのでしょうけど。

これまた、目で見るものだけを捉えていて、
それ以外のモノを「見なかったことにする」習慣が
付いてしまうと、本当に見えなくなります。
見えるものでも、実際に見てなくて、
ゴン!とぶつかったりすることのある私からすると、
見えないものはなおさら・・・とおもいきや、

どうやら、目だけで捉えている訳ではないのは・・・
後で被ってわかります。
でもって、被ったりした経験を繰り返すと、
見ただけで、「嫌な感じ」「そうでもない感じ」が
漠然とですが伝わってくるようになったりします。

それでも、その正体がわかるほどではない・・・
という人たちが、時々、こうして写真を持参される訳ですが、
特別な意味が無い限りは、映り込むこともありでしょう
ぐらいの感覚で、スルーするのが一番でしょうね。

何しろ、この空間、生きている人間のためだけのものでもないでしょうから・・・。

何かが写り込んでいる写真なんて、ちょっと・・・って感じですが、
用心しなくてはならないものばかりでもなく。

自分の子供が可愛い、可愛いと写真を撮って、
気持ちが入りすぎて、オーブで肝心の子供が映らないという人も
そういえばいらっしゃいました(笑)
どうやら、シャッターを切っている人が呼び込んでいる場合も。

写真から何かを読み取るという感覚も、
訓練すればつくのかもしれませんが、
それまでは、むやみに怖がったりするのではなくってところかしら?

それこそ「何を見て」写真を撮っているかが、
その写真には映るらしいですから、
怖がったり、変に興味をもったりすると、余計に・・・
なんてこともあったりするかもしれません。

ともかくはくれぐれも「興味本位で撮らないように」
と、だんな様。

写真は、記念や心に残しておきたいものを意識して
ちゃんと撮りたいものですね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:48 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |