2011.07/02(Sat)

【だんな様は霊能力者】 宇宙生命体系 

さて、さて、いくつか分析する中で、この「宇宙生命体系」の人。
実はちょっと、説明しにくいのです。

というのも、宇宙は広く、そこに存在する「生命体」となれば、
地球上の生命体よりずっと、種類が多いはず。
で、あくまでも「人間の目」から見た「宇宙生命体系」の人は・・・

とにかく、人の目が気にならない。
人の価値観は、自分の価値観を決める際にはほとんど参考に
なっていない気がします。

ま、考えてみれば、地球上の人たちの価値観は、
その人たちの「都合」でしかなく、
その他の場所には、その他の「都合」があるのが普通でしょうけどね。

ある場面では、こうして全く違う価値観を持つ人たちですが、
「ここ」というある場所には、とことんこだわります。
その場所が、職場だったり、家庭だったり、
それもある数人の価値観には、とことん自分の価値観にあわせて欲しい!
そのこだわりは、何倍も強いような気がします。

一言でいえば、「私(僕)の全てを理解してくれ~」状態というか(苦笑)

こうなった時は、彼らには「宇宙」の広さはどこかにすっ飛んでしまい、
「点」で存在することが、一番のプライオリティになったりします。
どうしても、その場所では、自分が「普通」の存在でありたい!って思うらしく。

で、こだわってはいるものの、ふとした瞬間に
そのこだわり抜いた自分の位置、いわゆる「点」が、どうでもよいと思い始めると、
今度は、ポンとその場所を離れて、全く違う場所を求めて移動します。

「結構、行き当たりばったりなんだよね(笑)」

色んな場所に行って、色んな経験を積んで、色んな知識もある。

残念ながら、その行き当たりばったり感のせいで、
色んなものが、バラバラのまま、その人の心や頭の中に、
ふわ、ふわ、たくさ~~~ん浮いている感じ。
そして、なかなかそれが系統だってひとつにまとまるまで、
何しろ時間がかかります。

まるで、一時間目「英語」、二時間目「おえかき」
三時間目「幾何学」、四時間目「お遊戯」、五時間目「魔法の使い方」
みたいなカリキュラムの中で生きているみたいな・・・(笑)

こうして書くと、批判のもとになったりする学校のカリキュラムも
なかなか良くできてるじゃない!と思ってしまいますよね。

ともかくは、これが系統だった時の宇宙生命体系、
きっと・・・おそるべし!なのでしょうけど、
そこまで到達した生命体は・・・きっと、宇宙生命体って感じじゃなくなっているかも?

なんて、思ってしまいます・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  03:29 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |