2011.07/31(Sun)

【だんな様は霊能力者】 このごろのトピック(3) 

「私、妖怪系ですか?」
そんな質問がずばり!「天使系」の方から(笑)

人並みならぬパワーの持ち主って点では、同じと言えば同じ。

「妖怪系は、天使系ほど、惚れっぽくないからね(笑)」
とは、だんな様の言葉(笑)

確かに天使系の人は、常に素敵な人を見つけるのも得意で、
追いかけるのも得意(笑)
で、ついには大好きな神様の使いになりましたとさ!
ってことなんでしょう。

そう、この部分が決定的に違います。

妖怪系の人は、なかなかこんな風に人を好きになったり、
追いかけたりしないみたいで、
「好きな芸能人とかいます?」
なんて、普通の質問、好みを知りたくて聞いてみても、
「いませんね~」という答えが返ってくることがほとんど(笑)

特に、外見で人に惹かれてしまうのを、
どこか、これまた反骨精神で(爆笑)
拒否している感じがします(あはは)

結構、「自分の好み」にもうるさく、
でもって、その範疇が極端に狭いのも妖怪系の特徴。

ちなみに住む場所を含め、意外と狭いのが妖怪系。
自分へのこだわり、今いる場所へのこだわり、
結構、強いです。
ですから、不満があって爆発している割には、
価値観の違う場所に行って、解消するって手法は
あまりとらないで、どうにかして自分の価値観で
生きていこうとする、まあ、強引と言えば
強引な一面もあります。

苦手とするものに対する拒否感の大きさは、
天使系も同じ部分があり、「徹底的」です。

妖怪系の人は、あまり一目惚れをすることは
ないかもしれませんね。
じっくり、じっくり観察して、
自分のライフスタイルに合うかどうか、見ている・・・

あれ?合ってないけど・・・(←周りから見た感想)

という場合でも、自分OKと思うと、これまた
突っ込むのも、例のパワーですから。
ただ時間をかけている分、天使系の人より
飽きっぽくはありません(笑)

と、今日は「天使系」と「妖怪系」の違いって感じになって
しまいましたが、こうしてみると、やっぱりどこか違います。

例のごとく、両方の部分がある人ってのもいそうですが、
でもこの二つが混ざっている感じの人は・・・
あんまりいないかもしれません。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |