2011.09/28(Wed)

【だんな様は霊能力者】 天使が扮装してる? 

天使系の本を翻訳していることもあって、
私の頭の中には、天使が飛び交ってます(爆笑)

「天使に会いたい、会いたいって、目の前にいるかもよ~」
って、だんな様が言ってましたが、まさに!
この人、天使だ!って思う人っています、います。

いつも、話題になる妹も、昔から、ただならぬ妹だとは思ってましたが、
だんな様に言わせると、「天使」だ・・・と。

本人に言うと、「ああ、それで」と、これまた普通に納得するから面白い(爆笑)

いつか書きましたが、天使系の人の行動範囲は、
狭い範囲で収まりません。
ですから、基本的に、生まれた場所からまったく引っ越したことがない
なんて言う人は、少ないかもしれません。
(もちろん、天使の性格や役割にもよりますが)

でもって、本の中にもありましたが、天使は「天界」から降りてくる場合だけじゃなく、
すでに降りてきている天使を探すのも、あり、だと。

確かに、天使のような人、って形容詞がありますが、
もう少し、詳しく観察すると、色んなことが分かってきます。

「狭い場所や地域に閉じ込められるのが大嫌い」ってのもその一つ。

そして、もう一つの大きな特徴は、ずばり!
ものすご~~く、惚れっぽい(爆笑)

で、妹の白羽の矢があたったのが、空手をやっていることもあり、
この本の主人公。

マンガ緑健児物語マンガ緑健児物語
(2010/10/29)
多田 拓郎、NPO法人 全世界空手道連盟 新極真会 他

商品詳細を見る


買って、送ってくれという熱狂ぶり(笑)

よく、天使というと、愛のキューピットと連想しがちですが、
人間に矢を放つというより、天使が自分でキューピットを従えててて、
自分に矢が著中、あたっているのでは?と思ってしまいます(笑)

かくいう私も、送る前に、「ああ、仕事が・・・」と思いながら、
読んでしまいました。漫画だしすぐ読み終わりましたけど。

いや、いや、こういう寄り道が、きっと「天使」をより深く理解することに
つながるはず・・・と、自分に言い聞かせています(あはは)

で、発見したことは、矢が当たる人(←つまり素敵!って思う人)に
人間の目で見た場合、一貫性がまったくない!

これって、発見かしら?(爆笑)

天使の翻訳も
天使の観察も

まだ、まだ、続きます・・・。
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |