2011.10/21(Fri)

【だんな様は霊能力者】 もったいない 

同じ、「もったいない」でも、節約のお話ではなく、
よく誰かのことを、「もったないよね」と表現したりします。

で、何がもったいないんだろ?
もちろん、私も、心から、同じように「もったいない」と
思っていますが、本人にはさっぱりと言っていいほど、
わかりにくかろ~と思うのです。

多分、自分が言われたこともあった気がしますが、
確かに、「あなた、もったいないわ」と言われても、
「じゃあ、どうすればいいのよ!」と逆切れしたくなるぐらいの
切羽詰った時だって、思い出せばあったかもしれません(汗)

自分で見えない自分の可能性って、「器」の強さなのかな~
なんて、考えてみます。
つまりは、肉体的にも、精神的にも、自分が持っている「器」ってのがあって、
これは自分で見えにくい。

で、他人から見ると、それが透けて見える訳です。
はたまた、その「器」の大きさから、「このくらいは入るだろう」と
予想を立てます。
ところが、実際、その人がその「器」に入りきれるずっと手前で、
あらら・・・自分で限界と思ったかどうかわかりませんが、
「このへんで、いっぱいだろうとやめてしまう」
そんな時に、出る言葉なのかしら?とか。

詰め放題のビニール袋に、半分ぐらいしか入れないまま、
「このくらいで、いっぱいだろ?」
みたいにして、同じお金を払う・・・みたいな感じ?

いや、一杯、ぎゅうぎゅう、入れれば良いって話でもないんでしょうけど、
つい、つい、思ってしまいますよね。
「もったいない」って。

でもって、自分で「半分しかいらない」と思っていれば、
それは、それで、結構な訳です、はい。
沢山入れたからって、詰め放題の袋の中のもの。
食べものなら、全部、食べないと返ってもったいないことにも
なりましょ~しね。

ただ、「器」に入れる、「可能性」ってやつは、
あんまり、腐ったりしませんし、(あはは)
必ずどこかで、役に立つようになってますので
ご安心あれ!(笑)

さて、さて、このもったいない状態、どうして起こるの?
とだんな様に聞いてみましょう!

「しんどいことを知らない間に避けてると、そういうこと起こるね」

この、しんどいことを避けるという反応は、
訓練しないと、熱いものを触った時に、手があち!って跳ね上がるのと
同じぐらい、反射的に起こるそうで。
なので、自分でも意識するのも難しいです。

でもって、
「やらなくて済む理由を色々並べるけどね・・・」
とは厳しいご指摘(笑)
「全部、言い訳だね」
と、バッサリ、相変わらず、切り捨て(あはは)

ま、どちらにしても・・・
って、つまり、「もったいない」と言われて、
それだけの事を、やった人も、やってない人も、

「試練」は同じようにやってきてる!(← 観察結果です!)

違いは、その内容だけ。
表向きは、どちらも「大変そ~」って見えますが、
大変そうなことを避けて、大変になっているのか、
大変そうなことにチャレンジして、大変なのか。

これは・・・かなり違いますよね!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |