2011.11/13(Sun)

【だんな様は霊能力者】 届く 

今日は、ある方が先祖の供養にいらっしゃいました。

祈りが届く。

とても簡単なようで、簡単じゃない・・・。
今日、一緒に祈った全員が感じたことだったと思います。

相手が先祖であれ、神様であれ、仏様であれ、
祈りが届くには、やっぱりそれだけの条件が必要だと痛感した経験でもありました。

自分が届ける気持ちがあって、
相手が受け取る気持ちがあって、
初めて成り立つことなのですね。

心を込めて、心を込めて、やっと、届いたという感触があったとだんな様が言います。

何しろ、たぶんですが、聞こえるようなメッセージが伝わってきたことも
あまりなかったのではないかしら?と思ったりもします。
しば~~らく、ひとりっきりで部屋にいて、突然誰かに自分の名前を呼ばれても、
呼ばれていると気が付かない・・・って感じにちょっと似ているのかもしれません。

こうして、心が届くと、ちゃんと届いたという証拠が、
何より、供養をする人に現れるから不思議です。
とっても、生き生きとした感じになられました。

そうそう、これこそ、被ってしまう感覚でできることの一つだと思います。
先日、被るような感覚、なければいいのに!と思うことがあるというお話をしましたが、

確かに、相手の気持ちが伝わってくるだけでなく、
実際に、元気を吸われる感じもします。
「暗い人と話すと疲れるだろ?あれと同じ」
と、よくだんな様が言いますが、
逆に、明るい人や前向きな人と話すと、元気をもらうという表現。
もらうこともあれば、あげることもあり、
そこには何かの交流があるってことなのでしょう。

そういう意味では、自分という外側の膜みたいなものが、
とっても「透過性が高い」って感じなのかも知れません。

元気を吸われてしまうときには、あっという間(笑)
一気に何歳も年を取った状態になります。
先日も、そんなことがあり、
「あら?急に、年取ったみたいになってますよ」とか言われても、
自分で止めようのない私(あはは)
これでは、リトマス試験紙と言われても仕方がありませんね。

こんなこと、損得で考えてたら、身が持ちませんが(笑)
でも、こうして祈りが通じると、そこからやっぱり
やってよかったという気持ちが生まれ、
それは、相手から直接もらう元気というより、
自分の中で、元気の素が自家製造される感覚。

計算上は、こういう経験をするたびに、元気の素は増えることに
なりますが、これまた、同じような経験をするたびに、
感覚的には、全部持って行かれる(って、勝手にあげてるだけかも・笑)ので、
「今回は、楽だった・・・なんてことは、一度もないね・・・」

っていうか、やるからには、全部もっていってくれ~、
それで解決するなら~ぐらいが当たり前と、だんな様。

これで良しとするかどうかは、単純に「心」の問題だったりします。

まあ、心の問題は、解決するのに、心のエネルギーが
必要不可欠なのも、当たり前といえば、当たり前。

また、蓄えて、次に備えることにしましょう・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |