2011.11/29(Tue)

【だんな様は霊能力者】 わくわくすること 

自分でそう意識している人でも、
そうでない人でも、ちゃんと「夢」を持っている人って、素敵です。
という表現をすると、月並みになってしまいますが、
心の中の世界や、頭の中の世界、でもって、実際に動き回る体での世界。

広ければ、広いほど、その人を見ているだけで、
なんだか「夢」を感じて、わくわくしてきます。

世の中って広いな~と思うと、
自分がそこにたどり着けるかどうか別にして、
行ってみたくなります。

実際に、「行きたい」と思ったところに、
自分の都合でいつでも行ってしまうと、
それが、体であろうと、心であろうと、頭であろうと、
結構、周りの人は大変でしょうけどね(笑)

いろんなところから情報が入ってくる感覚を持っている人は、
もともと、とてもこのエリアが広いはず。

ですから、そこに「夢」を感じるときには、
とても素敵な人に見えます。

でも、自分が現実的なことを考えているときには、
あまりに非現実的に思えて、あれ?とついていけなくなる、
つまりは、理解しにくい人になったりします。

感覚の鋭い人は、こうした人の両極端の評価を気にし始めると、
今度は、こちらが、相手を理解できないと思い始めたり(苦笑)

さらにはエリアが広ければ、それだけ危険はいっぱい。
それは、体であろうと、心、頭の守備範囲であろうと同じです。
危険を察知した時、その人の力量が図られるのでしょうね。

ふと、「あら、恐怖が世界を作っているかも?」と
これまた、新たな仮説を作ってしまいました(爆笑)

「怖い」と思っているものが変われば、
自分の世界が変わるのでは?
という、まあ、仮説と今更おおげさに言うまでのことがあるかどうか(あはは)

けれども、意外と、多いんです。
知らない間に、危険と思い込んで、
危険じゃない場所まで、危険と思い込んで、
とうとう、家にこもってしまうってパターン。

広げる努力をしていないと、
経験上ですが、知らない間に確実に狭くなります。
このエリアとやら。

それを広げてくれるのは、
危険をも顧みないほどの、「好奇心」を持つもの。
やってて、考えてみて、感じると、
わくわくして、時間も何もかも忘れてしまうほどのもの。

それこそ、わくわくしながら、ひとつでもいいので、
見つけ出したいものですね。

見つければ、それこそ、それまで悩んでいたことなんて、
小さいことに思えてきたりします。
(↑世界が広がった証拠!です)

知らない間に、どんどん小さくなっていく世界で
「右」が正しいとか、「左」が正しいとか。
考える間に、エリアを広げてみるってのも、
ひとつの「手」だと思うんですが・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |