2011.12/21(Wed)

【だんな様は霊能力者】 欲 

欲をだす
欲ばり
欲が多い

などなど、どちらかというと、否定的なイメージを持つ「欲」って言葉。

でもね・・・そうとばかりも言えません。
たとえば、本当にまったく欲がなくなったら、
きっと、悟るだろう・・・なんて、思ってしまいがち(笑)

・・・そんなはずもないのですが・・・
ま、人って、極端なこと考えて、どうにかやり過ごそうと
するものなのかもしれません(涙)

というたとえ話が、
Wayne Dyer - When you change the way you look at things
というタイトルでyoutubeで見れます。

http://www.youtube.com/watch?v=urQPraeeY0w

暗い部屋の中で、手に持っていた鍵をうっかりわすれた。
真っ暗で、何も見えないので、手探りで探そうとするが見つからない。
あ、外に出れば、街灯があって、そこなら明るいからと外に出る。
さて、鍵はどこかな?と、探していると、通りかかった人が、
「どうしたんですか?」
「鍵を落としたんです」
「じゃあ一緒に探しましょう」と(笑)
街灯をたよりに、明るい場所をさがすけど、鍵は見つからない。
「ところで、どこで、鍵を落としたんですか?」
「家の中です」

・・・話を聞けば笑うような内容。
そんなこと・・・するはずないと思っているかもしれないけど、
実際、こんな風に、人は日常を生きているのだと。

本当の「原因」を他に探す、その解決法を「鍵」がないところで探す。
な~~んてこと、確かに、あるわと思ってしまいます。

欲のない世界に、果たして、あなたが求めるものがあるかどうか。

まあ、こんなこと、実際やらかしていたとしても、
「徹底的に、欲を満たしなさい」とだんな様。

そのプロセスの中で、それが本当に自分が欲しかったものかどうか
わかる瞬間も来るでしょう。
自分が欲しいものをすでに持っている人が、簡単に手に入れたはずがない
ってこともわかるかもしれませんし。
持ったら、持ったで、おしまいではなかった・・・って気が付くかもしれないし。

「欲」を持ちながらも、こうなったら、ああなったら、と、真剣勝負しないってのが、
いつまでもその「欲」から離れられない理由かも。

「神様や仏様だって、欲は、ちゃんとある」

その「欲」の種類が違うと。

「欲」の中にも、種類があったり、もっといろんな視点が含まれていそうですね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  04:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |