2012.01/10(Tue)

【だんな様は霊能力者】 得意技(9) 

感覚の鋭い人の中に少なくないのが、「無口」

とにかく、しゃべらない・・・
って、だんな様の小さい頃のお話と同じですが、
「多分、声を聞いたことがない人がほとんどだったと思うよ」
というぐらいだったそうです。

黙っていても、いろんなものが伝わってきて、
それについていろいろ考えたりしていると、
ついつい、発言するのを忘れてしまうのかしら?
と、しゃべってないと死んでしまう一族の私は、時々、不思議になります。

あ、そういえば、これまた、極端で、
感覚の鋭い人の中には、人から飛んでくるものを避けようとしたり、
あるいは、沈黙で色々読んだりするのに耐えられなくて、
必要以上(と、後で振り返るのですが)に話してしまう人もいます。
(← どちらかというと、私はこれに近い気が・・・)

だんな様の弟子のひとりの得意技は、
本当に、黙ってる・・・
もちろん、職業は職業ですから、
体の調整や、痛みをとったりは、何気にこなしてしまう方ですが。

で、多分ですが、自分の世界で遊ぶのがとてもお得意なのでは?
と、思っています。

この前、あまりに無口なので、
「黙っている時って、何してるんですか?」
と、不思議な質問をしてしまいました(笑)

「考えている時も、ぼっとしている時もあります」

多分、目に見えないものとの会話は得意なのかも知れません。
何しろ、墓地の近くにお住まいですが、平気・・・。

「どうしてかしら?」
疑問が湧くと、解決せずにはいられない私の性格。

「ん~、不思議だけど、霊がドームみたいなのを作っている」

つまりは、霊がある一定の距離を置いて飛び回ってはいるものの、
絶対に近づかない。
それが、バリアみたいになっているらしく、
というわけで、彼がお住まいの場所は、どこより安全?

「その場所に行って、ぼっとしていると、リラックスできます」
とは、本人の談。

ますます、わからないのですが、得意技には変わりがないのかも?

確かに思い出してみると・・・
彼がお仕事で被っているのは、見たことがあるけど、(← 生きている人間)
霊に影響されたことは・・・、
そんなに聞いたことがない気がします。

同じ、「霊能力者」と呼ばれる人でも、こんな人もいらっしゃるんですね~。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  02:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |