2012.01/18(Wed)

【だんな様は霊能力者】 得意技(15) 

この得意技シリーズも、そろそろ読んでいただいている方に、
退屈させているのでは・・・と思っていましたが、

「あの・・・僕の番はまだですか?」(笑)
と、言われたかた、つまりは、ボランティア。

(英語をご存じ方は、どうぞ読み飛ばしてくださいませ。

ちなみに、ボランティアって日本語では、
ちょっと違うニュアンスも含まれたりしていますが、
英語では「自ら~する」ていう意味です。
ですから、いやいやするボランティアはあり得ないです(あはは)
以上、英語のお話でした!

で、このボランティアいただいた方の得意技。
それは、ずばり、
「子供より、子どもらしい(笑)こと」

数年前に、教える夢を諦めきれずに転職し、
そして、今、それが「天職」
(って、ギャグ← こういうレベルは、子どもに受けそうで、受けないかも・笑)

で、その彼と意見が一致したのは、
子どもと遊んでも、ゲームをしても、「手加減はしない」
「最後は、必ず、自分が勝つ」

そんな姿を見た生徒の中に、必ずいます。
「先生、子どもっぽ~い」とか、
「そこまで意地にならなくても」とかいう子供。

いや、先生は勝たねばならぬのです(爆笑)

とにかく、実験とか、現地実習とか。
絶対に子供より、真剣に、
子どもより、楽しんでる~と思います。
いつか、化石をとりに行く実習の時は、
「ぼくが一番沢山見つけたんです!」って見せてくれましたが、
ね、子どもらしいでしょ?(笑)

そんな彼にとっては、美しいもの、面白そうなものは、
すべて実験対象、観察対象です。
でもって、その範疇から外れると、限りなく、
その興味はゼロに近づく?とか。

何かに熱中しすぎて、眠るのを忘れるのも、
どうやら特技らしいですが、
それにしても、いつまでも子供の部分を持っている人は、
目がきらきらしていて、魅力的ですよね。

こんな人にとっては、(彼だけではないです)
最大の敵は、やりたくないことをやらなくてはならない時。
興味のないことを、やらなくてはならない時。

それこそ、この世にあるもの、ぜ~~んぶ
興味の対象だったら、怖いものなし!になるんでしょうけどね。
(↑だんな様っぽい・・・)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |