2012.02/04(Sat)

【だんな様は霊能力者】 前被り 

被りって言葉、だんな様から聞くまで、知らなかったという方は少なくありません。

でもって、さらに「前被り」となると、
意識しないとわからなかったりするので、
これまた、知らない方も多いかもしれませんね。

数時間前に、ふと、「あれ?」と
私の場合、この「前被り」の先触れは、匂いでくることが少なくないのですが、
明らかに、家の中でするはずのない匂い。
あまり心地の良い匂いではないし、おかしいな・・・と思っていたら、
しばらくして妹から電話がかかってきました。

そういえば、今思い出しましたが、妹と話をしていると、
お互い被りの飛ばしあいになることがあります(爆笑)
「ごめ~~ん、飛ばしたみたい・・・」
話をしている時に、意識できるときは、比較的、すぐに落とせたりします。

けれどもうっかり、忘れて、相手の話に突っ込み過ぎると・・・。
ってことが、今日の出来事。

電話をしている間にも、何となく気分が悪くなっていったのですが。
今、引越す先を探している妹が、
駅から近いのに、どうしても、住む気持ちになれない家がある、
という話をしていて、確かに、あまりいい感じがしませんでした。
・・・て、今、書きながら気が付いたのですが、
自分で感じてたじゃない(爆笑)と。

それなのに、電話を切った後、妙に気分が悪くなる。
頭が重くて、腰から下が痛くなるのに、
始めは、その電話の話の内容が、問題だと気が付くこともなく・・・。

と、先ほど、すっかり祓ってもらって、復活し、
復習して、ああ・・・そうだったと思った私。

まずは、あれ?という匂いがしたときには、
妹が私に電話をしようと思った時だったようで。
でもって、予測どおり、しっかり被ってしまったってこと。

こんな事あるはずがない~という、ご意見、ごもっともです(笑)
私も、そう思ってましたから。

そんな事、あるんだ~というご意見、ごもっともです(笑)
私も、いまだに、うっかりすると、そんなことがあることさえ忘れて、
ただ、ただ、気持ちが悪い~って状態になりますから。

ココに電話がかかってくると、だんな様が、
「〇〇さんからかな?」と、時に口にします。

特に、だんな様の弟子のひとりからの電話は、
「〇〇です、〇〇です」とコールが言っているかのように、
わかりやすい(爆笑)

そんな事、あるはずがない、というご意見、ごもっともです。
ここでその電話が鳴るのを始めて聞いた方は、
そんな~って顔されてましたから。

それから、数回、その呼び出し音を一緒に聞いて、
今は、もう、呼び出し音の違い、分かるようになった人も
少なくありません。
「今、〇〇です~~って呼び鈴だったわよね」
って話で、落ち着きます(笑)

考えてみれば、電話って通じる前に、
電話をかける人は、「電話をしよう」と思うわけで、(この時点で伝わってくる事があり)
電話をかけてから、コールを待つ間、
しっかり、かけた先を意識しているのですから。

こんな、電話の場合も含めて、
これから先、出かける場所の雰囲気を感じて、
そこに出かける前から、「被る」とか「嫌な感じがする」とか、
そんなことを「前被り」と呼んでいます。

さて、予防ができないか・・・という話に、
当然なるわけですが、
だから、その「感覚」そのものが、予防だと、
私は思うことにしています。

避けられるものや場所なら、避ければよいので。
でなければ、用心して出かけるしかありません。

一番、難しいのは、被る~~~と、恐怖を持つと、
この被りが、増大すること。
それは、その場所に、行っても、結果、行かなくても
すでに、影響を受けているので、
それ以上、育てるか、すっぱり、切り捨てられるかは、その人次第です。

今だ、この被りを自分の中で育ててしまう癖は、
治すのに苦労していますが、ここでも実は、最大の敵は、
「自分が持つ、恐怖」・・・恐るべし!です(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3




スポンサーサイト
EDIT  |  03:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

Comment

●納得…

こんにちは

あー、納得しました!
ある特定の人物からの電話は、鳴る前に携帯を手にしますその方飛ばすんで

あと、こっちも受信感度あげている人のは、電話もメールも、マナーモードでも確実にとれますものね~。
あと、前かぶりの恐怖心…。

とても参考になりました。肝に命じて、取り組もう
雨 | 2012.02.04(土) 09:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |