2012.02/15(Wed)

【だんな様は霊能力者】 人を不安にさせるもの 

最近、観察中のトピックの中のひとつ。
人を不安にさせるもの。

何故、これに興味を持ったかとなると、少々複雑ですが、
人って、ほら、よくわからないものって怖いじゃないですか。

たとえば、幽霊とか(爆笑)
なのに怖いものみたさ、みたいな興味もあって、
むやみに、霊のせいにされたり、
生きてる人間の方の都合ばかりで判断されると、
「霊だって、人間だったんだから、かわいそうだよな~」と、
だんな様が同情したりします(苦笑)

たとえば、自分と少し違った人とか。
今だから言えますが、小学生の時、初めてアメリカ人に会った時、
怖かったです(笑)
目の色が違いすぎて、どこを見つめたらよいかさえわからず
おどおどしてしまったのを覚えています。

たとえば、感覚の違う人、普通じゃないと思う人。
もちろん、この範疇に、いわゆる「霊能力者」とか「超能力者」とか、
普通では、見えないもの、感じないもの、できないと思われていること、
それが出来たりすると、恐がられたりすることもあるかもしれません。

「ぜ~~んぶ、同じ人間なのにね」と、だんな様。

とはいえ、もっと小さな差別と言うか、違いに気が付いて、
相手に対して不安に思ったりするって、
実は、日常的にあります、あります。

今、あなたの隣にいる人だって、
ん~、理解できん!と思ったら、
不安になる対象に早変わり!ですもの。

さて、人は不安になって取る態度というのは、
逃げたり、避けたりするか、
戦いを挑んで、自分と同じ方向を向かせたいと思うか、
大きく分ければ、この二つぐらいでしょうか。

いや、実は、もうひとつ、
「その人は、その人」と、存在を認めながらも、
違いも意識するという、離れ業に聞こえる態度もあります。
しか~~し、これって、なかなか、できそうでできないものです。
ある種の訓練みたいなものが、必要だったりします。

さて、
もしも、相手から逃げたり、避けたりしたら、どうなるかというと、
自分の中の「不安」は、そのまま残った状態かも。
次におなじような人が現れると、また、逃げたり、避けたりしなくてはなりません。

そうされた相手は・・・というと、
人は自分の存在を無視されるって、とっても嫌な気持ちになるもの。
だから、ひょっとしたら、いろんな形で向こうから近づいてくるかもしれません。

相手にとっても、あなたは理解できない、不安を作り出す人だったりして。

良く理解できない相手って、なかなか厄介ですね。
(たぶん、相手にとっても、あなたは訳のわからない人でしょう)

理解しあう・・・なんて言葉、世の中にあふれてはいても、
実際に、こんな場面になると、あらら、無理だ~と思ってしまうかも。

さて、さて、こうして、良く訳の分からない人扱いをされ続けると、
どうなるか・・・という続き、明日にしましょうね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:01 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |