2012.02/28(Tue)

【だんな様は霊能力者】 何気ないこと 

「仕方ないな・・・」って、思うようなことが起こる。
本当に、仕方ないこともありますし、

「起ったら、起ったで、対処するしかないだろ?」と、
やらなきゃいけないことは、やらなきゃいけない!で終わり!というだんな様。
その割り切りは、まさに、迷いがありません。

でも、時々、あれ?と思うところで、立ち止まってる・・・。
「何かが、気になる・・・」らしく、
「何が?」というと、
「流れ」と一言。

人は、意識的にも、無意識にも、一つひとつ選択して、
毎日を過ごしています。(当たり前)
でも、この選択をするときの方向性が、ちょっとずれても、
始めは、わずかな違いなので気が付きにくいものです。

で、いくつかの選択の中でのずれが、ある程度、進むと、
なんだか、流れが滞ってきます。

「うまく行かない」
「何かが、同時に起こって、重なる」
「探しても、見つからない」
「いくら、考えても、答えが見えない」

いろんな、滞り感ってあると思いますが、
余裕がないと、どうしても、「なぜ~~」と思いながら、
無理やりにでも、事を進めようとしてしまいがち。

だけど、実は、もっと根本的というか、もっと手前の何かが間違えていて、
無理矢理、先に進むと、もっと進もうと思っていた道から外れてしまう・・・。
そんな、経験、ありませんか?

間違えた・・・と思えば、シンプル。
素直にもとに戻るのが大事。

「あの人がこういったから、こっちに来たのに」とか、
「あの時、こうだったから、こうしたのに」とか、
そんなことをいくら考えても、口にしても、
そのずれは、そのまま、変わらないものです。

霊能者のような感覚を持った人は、こんなちょっとしたずれに、
とても敏感なはずなのですが・・・。
同時に、とてもせっかちで、ちょとしたずれなんか、見向きもしないで、
暴走する・・・という面も、同時に持ちあわせています。

ですから、進む方向と、感覚がぴったり合った時には、
この上ない成果をあげ、
進む方向を間違えてしまっているのに、暴走するときは、
人の声が届かない・・・なんて、こともあり、
その間違いに気が付くまでに、かなりの時間がたっていた・・・
なんてことも少なくありません(涙)

「物事がスムーズに進まないときには、それなりの理由がある」
と、だんな様。

その理由が本当に、相手にある場合もあり、
自分にある場合もあり、
それによって、対処も違ってくるはずですものね。

ちょっとした、「あれ?」という感覚。
その感覚を大事にしたいもの。
もちろん、そのためには、暴走する前に、
「右見て、左見て」ぐらいの心の余裕が必要なんでしょうね~(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
kumiのブログ-バーナー
スポンサーサイト
EDIT  |  01:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |