2012.07/09(Mon)

【だんな様は霊能職者】 人から見た自分 

自分でこういう人間だと思っている像と、
他人がそう思うという像。

必ずしも一致するものではありませんが、
どうも感覚の鋭い人は、このずれが大きい気がします。

そもそも、人間は、日ごろから、
「自分がやっているつもり」のことと、
「実際に自分がやっていること」の間に、
かなりの違いがあります。

自分では優しく言ったつもりでも、相手にはそうでなかったり、
自分では厳しく言ったつもりでも、相手にまったく伝わらなかったり。

自分の行動が、自分の思いとずれているだけが原因でもなく、
ここに、相手の取り方次第という不確定要素まで加わると、
そりゃあ、ずれていて当たり前。

それなのに、人は、自分は人からこう思われているだろうという
仮定をもとにするしかありません。

だって、他人の目から見た自分なんて、
そう、そう、はっきりわかるものでもありませんから。

それでも、「相手から見た自分」は、自分の全部ではない。

「自分の一部にしか過ぎないんだよ」

本当はこんな風に思われていたと、ショックを受けたりすることもあるかも
しれませんが、それは、それ。
自分が自分でありたい自分を基準にするしか、
確かなものはなかったりするのでしょうね。

自分らしく・・・という言葉ほど、難しそうで、
なおかつシンプルなものはないな・・・と、最近、よく思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |