2012.07/20(Fri)

【だんな様は霊能力者】 無自覚性の霊能者 

だんな様が(私もですが)
「嫌だね~(笑)」と口にする人のひとつ、
それが、「無自覚性霊能力者」(笑)

意外と多いんです、これが。

「いや~、私には、まったくそんな話は理解できなくて~」
と、ある方が(← 本人、いたって、本気)

ここでの最近のトピックは、なぜか、「陰陽師」
本も映画も観たことがあったので、私的には、今更・・・と思いきや、
もう一つのブログにも書いたように、貸していただいた、
マンガの「陰陽師」
・・・ああ、そうか・・・と、疑問に思っていたことや、
ここで最近話題になった、京都や奈良の都の結界のお話など、
シンクロしつつ、以前、読んだ時に気が付かなかったことに、
今更、気が付いたり、新たな疑問が出てきたりと、楽しんでいます。

この「陰陽師」の話しの中にも、高野山や、熊野の話は沢山でてきて、
これまた、話題がまさに、シンクロ。
これから行く旅行の予習を、やり直している感じでもあります。

そう、そう、無自覚性の霊能者のお話でした(笑)
・・・無自覚性の霊能者も、こんな風に、あちこちに話が飛んで、
気が付くと、まったく違う話題になってしまうのも特徴(あはは)

でもって、その話題が飛んでも、どれだけ飛んでも、
本人にとっては、至って筋が通っているので、
話が飛んだと、話題について来れない周りがおかしい!
と、思うのが、無自覚性霊能者の特徴その2

ちょっと厄介な霊的なお話を聞きながら、
この前、お会いした、「無自覚性霊能者」の方が、
「感覚があると、色々大変なんですね~」と、
しみじみ、同情なさる。

次の瞬間には、「私、高野山のあの空気、大好きなんです」
と、まるで、昨日、高野山から帰ってきた人のように言われ、
「あ、一度も行ったことがないんですけど」と。(爆笑)

かと思いきや、
「あなた、お部屋はちゃんと片付けなさい」と、
一緒にいる娘さんに。

後で、聞いたら、彼女(娘さん)は、ちゃんと片づけてたと。
でも、他の理由があって、どうやら、所謂「空気が汚れてた」みたいです(笑)
「母が、部屋が汚れているといったのは、これだったんですね・・・(苦笑)」

・・・と、まあ、典型的な、無自覚性霊能者のお母様は、
小柄な体格に似あわない旋風を巻き起こして、お帰りになりました(あはは)

ひょっとしたら、みなさんの周りにも、こんな人、いるかもしれませんね。
あ、ひょっとしたら、あなた自身が、まわりからそう思われていたりして(爆笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
kumiのブログ-バーナー
スポンサーサイト
EDIT  |  02:07 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |