2012.08/11(Sat)

【だんな様は霊能力者】 正論 

とても不思議なのですが、
正論って、とってもイラっとくる(爆笑)

人から言われてみれば、それこそよくわかります。

自分が正論を通している時は、それこそ「事実」なので、
それが、正論かどうか、相手がそれを聞いてどう思うか、
な~~んてこと、微塵も考えないで、正論をぶちまけます。
当然と言えば、当然。

でも、その結果、どうなるかが視野に入っていないと、
正論は、人の神経を逆なでする分、厄介です(涙)

こう考えると、物事って、実は感情で動いている部分、
結構あるのかもしれませんね~。

先日も、こんなことがあったんです・・・
な~~んて話、同じ「出来事」を違う「人」から聞くと、
あらま、まったく違う話に聞こえる~。

でもって、どっちも、多分ですが、正しい。

本人たちには、「そのように」物事は起っているらしい。

で、こんな時、どちらがより「正しい」かなんて、
どうしてもしたくなりますが、
ここで、それこそ「正論」を述べ合っても、
ディベートではないので、勝負はつきません。

というか、ディベートみたいに議論で勝って、
現実で、あらま、大変・・・なんてこともあり。

「自分がどう思うか、じゃなくて、これから、どうしていきたいか」
っていうのを意識できたらいいね!とだんな様。

「正論」には、沢山の人の同意が含まれているようで、
結構、当てはまる範疇、狭いんです。
「もし、こうなら正しい」と言う条件が、沢山、沢山ありそうですね。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  02:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |