2012.08/19(Sun)

【だんな様は霊能力者】 物事の良し悪し 

ただいま私が勉強中のもの。
進化論の本
落ち着く力で最高のパフォーマンスをするために(スポーツコーチング)
そして、サルトルのお話

と、ここまでは翻訳のお仕事の本。
でもって、手相、人相、あと、忘れてならない(笑)陰陽師。
まだ、まだ、時間がかかりそうですが、少しずつ、少しずつ。

どれだけ気が多いかばれてしまいそうですが。

先日、この中の手相の本を眺めていた時のこと。
手の真ん中(って、どこよ!って感じですが)を基本的に
まっすぐ中指に向かって伸びる「運命線」というのがあります。

これがすっきり見えてくると、きちんとひとつの目標を持って、
仕事ができる、あるいは、それが見えてくるという線。

もちろん、この線、どちらかというと欲しい気がしますが、
ただし・・・私が参考にしている本によると、
この線、長すぎると、歳をとってもずっと「働かなくてはならない」
つまり、苦労する線だと・・・。

ん?と、考えてしまいました。

「生涯、お仕事があるって、苦労なのかな?」と私。

「いや、生涯仕事があるっていいことだと思うよ」とだんな様。

いくらすべてが揃っていても、社会との接点があるって大事だと思うと。

イメージの中では、引退して、仕事せず、自分の好きなことだけやって、
毎日を過ごし・・・な~んて、どんなに楽ちんだろうと想像したりしますが、
実際、そんな生活を繰り返すとなると、
「きっと、飽き飽きしてくると思うよ」と。

ここから先は、好みの問題かもしれませんが、
確かに、誰とも関わらずに生きる・・・
(これが仕事であってもなくても良いとは思いますが)
なんての、想像通りとは思えない・・・と。

人や社会と関わる手段という視点で、自分の「仕事」を
見直してみると、ちょっと違った側面が見えそうな気がします・・・ね。

さて、運命線、中指の根元まで長い方が良いか、
長いとね・・・と思うか、あなたはどちら?

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |