2012.09/28(Fri)

【だんな様は霊能力者】 先祖をたどる 

お彼岸が終わったばかりですが、
いや、お彼岸が終わったばかりなので、
余計に出てくる話題なのか。

先祖のお話。

ご先祖との付き合いかたは色々。
もちろん、供養をすることも大事ですが、

「ただ、思い出すだけでも、供養になるんだよ」
と、だんな様。

さらには、その歴史をたどってみるというのもありかも知れません。
そこで見えてくるのは、自分の中に残る、先祖の「癖」とか
だったりして(笑)

よく、育ちがどうだ、こうだという話にもなりますが、
自分が育った家の教えは、思っているより身に沁みていて、
本能的に近い反応をしたりして、何しろ、自分がびっくり!
ってことも少なくありません。

でもって、自分の先祖の歴史をたどってみると・・・。
その「癖」のもともとがちょっとわかったりします。

今日もだんな様のところに来た人と、そんな話に。
まったく異なる環境で育った人同士の間には、
良い悪いではなく、まったく違ったものの考え方や、
習慣が残っているものです。

ところが、あまりに身に沁みているので、気が付かない間に、
善悪を決めてしまうような部分、誰にでもあります。

自分の先祖の「癖」みたいなものを、一度、客観的に見てみる機会。
それこそ、「思い出す」作業の中で見えてくる自分の「癖」。
そのルーツがぼんやりでも見えてくると、自分とは違った習慣から
拒否感から解き放たれる感覚がするもの不思議です。

「癖」の中には、残しておきたい、受け継いでいきたいものも沢山。
「癖」の中には、バージョンアップして、新しくしていきたい部分もあり。

自分がきちんと生きていく中で、それこそ「修正」を加えていくのも、
自分の役割のひとつなのかもしれませんね。

とか、堅苦しく考えなくても、ただ、思い出してみる。
時にはたどってみるというのも、いろんな発見があるわねーと話していて、
九州の母に電話をしたら、偶然にも、先祖をだとる「歴史散歩」に
出かけてきたわ~という話(笑)

シンクロしてる~~。
で、そこにだんな様の先祖と絡むところがまた面白い!と、
思ってしまいました。

お彼岸が終わったスッキリした空気の中で、先祖をたどってみると、
フェアーな視点が持てるかも?とも、思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |