2012.10/16(Tue)

【だんな様は霊能力者】 想像の世界の訓練 

「想像の世界は、自分で好きなように作れる」という本の続き。
・・・だから、できるだけ、自分の好きな空間を、
具体的に、具体的に想像しましょう・・・

って、実際に、やってみると、これ、結構、疲れる・・・。
と、思っていたら、そう、このプロセスって、
本を「映画」にするのと似ているわ!と思ってしまいました。

何しろ、本には、「こんな人で、こんな風貌で」
みたいなこと、描かれているのですが、
実際に、その人が登場する「姿」に作り上げるには、
それこそ、想像を絶するような、「想像」をして「創造」する必要が。

そういえば、先日、公開された、バットマン。
映画の中で使った衣装の数だけでも、かなりありました。

ある風景を実写じゃ無理って、CGで作ればいいじゃん!
って、どれだけ細かく作業しなくてはならないかってのも、
メイキングビデオなどを観ると、驚くばかり!

シニカルな言葉に
「この世は、完全な世界のせいぜいコピーでしかない。
例えば、完璧な椅子は、想像の世界には存在するけど、
三次元には、完璧な椅子は存在しないのだ」
みたいな哲学的な表現が、出てきた気がします(←翻訳した本ですが、
どれか忘れてしまいました・・・)

って、想像の世界だって、完璧に作ろうと思ったら、
それこそ、完璧な「眼」が、自分に必要だ~~~と。

映画の世界を作るのも、大変ですが、
まるで現実のように、自分の想像の世界を作るのって、

「想像と違う・・・・」

実は、先月でしたか、「お空に帰りたい!」というタイトルの
ブログを書いてから、
広い空の、一体、どこに、いや、どんなところに帰りたいのかって、
ひょっとしたら、もっとクリアーに想像してみた方が良いかも?
と、思い立って、考え始めたりした私(←結構、暇・笑)

数人の人とは、この事を話して、その世界に、
どんなものが欲しいか、って話までしたのでした(笑)

今のところ・・・
歌が歌えるステージ

瀧???

後・・・なんでしたっけ?

ほら、ほら、想像の世界のいい加減なこと(笑)
ひとつ、ひとつ、考えてたら、キリがなさそうですね。

でも、きっと、今日の夕焼けの空の向こう側にあるのに
ふさわしい世界にしたいな~と、構築中です(←あきらめない!笑)

CIMG6028.jpg


CIMG6030.jpg

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  02:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |