2013.02/22(Fri)

【だんな様は霊能力者】 故郷 

誰でも、一度は思ったことがあるかもしれません。
「故郷に帰りたい」

勿論、生まれたところにずっと住んでいると言う方も、
それから、何となく、どこにも定住できないと言う方も。

故郷を「場所」と捉えると、そんな場所がある人も、
故郷がないっていう方も。

私は、今住んでいるところもあれば、故郷もあるし、
第二の故郷と呼んでいるエジンバラもあるし・・・。

ふと、故郷は自分で「故郷」だと受け入れること、
思う事、偲ぶことだったりするのかな?と思います。

数日前から、ふと、やっぱり今年行こう!と突然思いついた私は
旅行プランをああじゃない、こうじゃないと練ってみます。
すでに、旅の醍醐味の始まりです(笑)

よく考えると、旅は楽しいものだと言われますが、
実際には、こうして旅のプランを立てていても、
あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、
いくら想像しても、行ってみないとわからない部分があり、
何となく伝わってくるものアリ。

どちらにしても、私が「故郷」と思っている姿とまるで一致するはずもなく、
故郷は故郷で、バージョンアップしている・・・はず・・・?
まあ、スコットランドなどは、本当に景色があまり変わらない街で、
それこそ、留学中にふと入ったレストランの壁に、100年ほど前の
エジンバラの写真がありましたが、・・・変わってない!(苦笑)
その、あまりに変わってないブリに、驚いた覚えがあります。

今回は、エジンバラの街で前世を過ごしたというSさんを
是非、是非、連れていきたい・・・という気持ちもあって(笑)

「エジンバラの景色があまりに綺麗で空に昇るのを忘れて座ってたら、
100年ぐらい経ってました」
って、言葉を聞くと、それこそ、ちょっと連れて行きたくなりますよね?
「で、その時と(ってどのくらい前だろう?)変わってない?」
とか、聞いてみたい気持ちになります、なります!

そういう、街の景色があまり変わらないエジンバラも、
ニュータウンと呼ばれる場所は、コロコロとお店が入れ替わっていた覚えがあります。
一緒に留学していた他の先生の一人が、買い物に行くと、
よくそのお店が・・・潰れてなくなってました(笑)
一度や二度じゃなかったです。

でも、オールドタウンと呼ばれる場所は、ほとんどその姿を変えないように、
改築したり、改装したり。
「故郷」を訪れる人に優しい街なのかもしれません。

日本と言えば、あっという間に、開発が始まると風景が変わってしまいますものね。
この前は、駅から、10分もかからない自分の家に帰るのに・・・迷いました(爆笑)

さて、さて、故郷がどんな風に変わっているのか、
その故郷の姿が、私の故郷の図と、Sさんの故郷の図と
どのくらい違うのか、今から楽しみでもあります。

・・・その前に、プラン、完成させなきゃ!ですよね(笑)

CIMG8371
CIMG8371 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  01:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |