2013.03/24(Sun)

【だんな様は霊能力者】 お彼岸 

お彼岸といっても、ココでの行事は中日。
ですので、まだ今日(正確にはもう昨日)までは、お彼岸だったのですね。

供養を行う前に比べれば、ずっと軽くなった空気も、
外出してみると、うっと来ることが多かったです。

そろそろ、あの世とこの世の扉が閉まりかけていますから、
これからはどんどん空気も軽くなって行くでしょう。

花見に出かけただんな様と私が、早々に引き揚げてきたのも、
そのせいで、確かに気温も低かったのですが、まだまだ
お彼岸の空気の重さとか、何やらで、足が前に進みませんでした。

多分・・・桜の花を見たいのは、誰でも同じってことなのかもしれません。

先祖を大事に思う気持ちは大事。
ですから、会えても、会えなくても、
いつも心に置いていれば、
それこそ、いつでも会えるし、話もできる・・・と信じています。

スケールは違いますが、遠くに留学した時と何となく似ているような。
さみしい気持ちはあっても、自分は自分が一番活かせる場所で、
しっかり生き抜くのが、お互いにとって大事なことですものね。

よく、ご先祖が何か言っていますか?
という質問をだんな様が受けることがあります。

それこそ、聞けるものであれば聞いておきたいという純粋な気持ちからでしょう。

それで、一番多いのは・・・
「孫はまだか」という言葉(苦笑)

それこそ先祖としては気になるところでしょうけど、
こちらには、こちらの都合があったりして、
まだ結婚もしていない方が、こんなメッセージを受け取って・・・
・・・戸惑われるのも当たり前。
この前は、まさにまだ結婚されていない方のおじい様は、
孫の名前まで準備していらっしゃいました(笑)

次に多いメッセージは、やっぱり子孫を心配しているということ。

力のある先祖に守ってもらうのは、大変ありがたいことですが、
いつかは、やっぱり、ひとりでもちゃんと生きていける自分に
なりたいと思います。

ですから、守ってもらうというより、鍛えられて(お手やわらかに)
やがて成長できるという関係が、私としては理想的かなと。

こう考えると、先祖とのつながりと同じつながりが、
教えてもらった先生や、指導していただいた方、
などなど、日ごろ意識しているよりずっと、ずっと、
人にお世話になって生きているな~と感じます。

ですから、お彼岸の終わりには、
私も先祖も、自分の場所で、ちゃんと独り立ちできるように!
頑張りましょ~~~って送り出したいと思います!

CIMG9030
CIMG9030 posted by (C)kumisensei

CIMG9046
CIMG9046 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  01:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |