2013.04/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 正義感と距離感 

正義感に燃える!
なんて言うと、ちょっと響きはいいですが、
実際に、正義感に燃えまくった人が側にいると・・・。

時々、「そこまで、頑張ってもらわなくても・・・」
と、相手が自分のために頑張ってくれているとわかっていても、
思ったりすることがあったりして(苦笑)

「だって、あなたもそう思っているでしょ?」
と押し付けられた感覚がすることさえあったりします。

ま~、私も身に覚えがあって・・・ちょっと反省(爆笑)

何度も、何度も、同じことをアドバイスしてくれている人の言葉を、
何度も、何度も、聞き逃しているなんて、その彼女に失礼!と、
思ってしまいました(あはは)

で、その人に、
「何度も言ってもらって、行動に移さないなんて、
〇○さんに悪いと思わないの?」

あらら・・・私ったらやらかしてますね~~~。

だって、何度も何度もアドバイスしていた彼女は、
そのことを、さほど気にしていなかったのですから。

「同じことを前にも言った気がする・・・と思ってたぐらいで・・・」

こうじゃなくっちゃ、間違っている!
なんていうのは、はっきり言って、妄想(あはは)

きっとあの人は不快な思いをしているに違いない!
なんて正義感を振りかざしても、
時には、迷惑になることさえある・・・(反省)
と、思ったのでした。

思い込みって怖いものです・・・(しょぼん)

さらには、こんな時、逆に彼女に対して、
「あんなに何度もアドバイスして、あなた頭に来ないの!」
とヒートアップするパターンもあり、
(私は彼女の冷静な受け答えに、あ!と気が付かせてもらいましたので
そこまでは行かずに、セーーーーフといったところ?)

いずれも、相手との心理状態が近すぎて起る事。

かと言って、悩んでいる人がいるのに、
「それはあなたの問題だから」
と、全く関わらないのは、遠すぎな感じも。

また、被りたくないからと相手に対してパタンと扉を閉めてしまうのも、
簡単ですが、それ以上の人との関わりも閉ざしてしまいます。

「人との心理的な距離は、いつも変化しているんだ。
いくつかの距離で同時に観れるようになるようにならないとね」

空手の(って話が飛びますが)
前蹴りを出すときと、
突きを出すときの
相手との距離は違います。

その上、相手は常に動いている訳で。

あ・・・頭でわかっていても、なかなか難しいこの「距離感」

空手も、人間関係も、訓練、訓練!

私のお気に入りのデジカメは、近い距離が苦手のようです(笑)
桜の花びらは、良く見ると、人間の血管みたいな筋が通っています・・・
ってのを写したかったのですが、うまく行きませんでした・・・

CIMG9116
CIMG9116 posted by (C)kumisensei

ご自分で、散った花びらを手に持って、光にかざしてみてください。
ち、血が通っている・・・と、思えます(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |