2013.05/21(Tue)

【だんな様は霊能力者】 霊とうわさ話 

先日、だんな様のお弟子さんのブログにもあったように、
うわさ話をすると、本人にはなんとな~~くわかるもの。

まして、相手がその気になれば、どこにでも出現できる霊!
となれば、寄ってきて当然。

今日の取材の雑誌も、そんな話がギュッと詰まったような本ですが、
何度も書きますが、その中で出てくる霊能者さんは、
どなたも真剣にお仕事をなさっているな~~と、いつも思います。

どれほどの事を、
どれほどの表現で、
どれほど描くのか。

面白く、おかしく、描けば良いという話ではないので、
それこそ、出来上がった本からは想像できないほど、
ストーリーその他、編集も含めて、とても気を遣われています。

「生きている人間を、良く知るためのいろんな話をしよう」

それが、この取材を受けてきた理由だと、だんな様は言います。

霊だって、「わざわざ出てくる」には、それなりの理由があるはず。
おもしろいとか、怖いとか、気持ち悪いとか、
そんな話で終わってしまうと、それこそ、
「じゃなくて~~~!!!」と、どんな手を使ってでも
訴えたくもなるでしょう。

「霊も人間」

と、だんな様が言う通りで、ならば、人格ならぬ、霊の性格
みたいなものは明らかにあるわけで、嫌なことは、嫌でしょうしね。

ですから、こんな事を扱うときには、
やっぱり生きている人間と付き合うのと一緒で、
ちゃんとした付き合いと言うか、筋というか、
その一線を守る意識が、仕事をしていく中では
とても大事だと常々思います。

色々ある中で、その一線を忘れてしまったケースも少なくないようですが、
それこそ、人間も霊も、色々あっても、
最終的に、みんなが幸せになれればいいな~と思います。

この「あなこわ」の取材も、残すところあと一回で区切りがつきます。
取材で話をしたことの、ホンの一部だけしかマンガになっていませんが
いつもいろんな角度から、もう一度、だんな様の仕事を見直すことができて、
私にとってもとても勉強になりました。

さて、次はどんな展開を迎えるのか!
これからの展開も含めて、クロージングに向けて、
ちゃんと区切りを付けたいと思います!

これは5月11日の空の写真です。
フォト蔵で足跡がひとつもついていない写真を紹介してみよ~~と思ったら、
みなさん、沢山、見てくださっているんですね~。
ありがとうございます!

CIMG9991
CIMG9991 posted by (C)kumisensei

(これは昨日の夕日・・・明日は夕日が見れるかな?)
CIMG0142
CIMG0142 posted by (C)kumisensei
スポンサーサイト
EDIT  |  02:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |