2013.06/15(Sat)

【だんな様は霊能力者】 エジンバラ城 観光スポットと霊能力者 

エジンバラ駅から、階段を上ってロイヤルマイルに。
そこから、緩やかな坂を上って、エジンバラ城に着くまでに、
通り沿いには、実に様々なお店が並んでいます。

それにこれからは、大道芸人があちこちに出たり、
出店もあったりと、いつもにぎやかな通りです。

お城までの道すがら、有名な大きな教会があります。
不思議なことに、あれだけ有名なのに、留学中一度も入ったことがない!
そして、今回も、前を通っただけで、ドン被り。
詳しい理由はわかりませんが、一度も訪れなかった理由だけは、
はっきりわかりました!

エジンバラ城までの上り坂は、だんな様を始め、私たちにとっては、
別の意味で、きつかった・・・。

お城の中も、なかなか足が重くて、すぐに足が痛くなったり、
腰が痛くなったり・・・。
美しい景色に感動しながら、別の戦いをしていた感じです(苦笑)

ですから、お城の中の観光スポットもうかつに入ると・・・
ということで、いくつか選んで入りました。

その中のひとつ。
これだけは見逃しては・・・と私が案内したのは、
「エジンバラ城の三種の神器」

昨日のブログに書いた、「運命の石」
それから、運命の石の上で受け継がれてきた冠と剣。

展示されている建物は、以前に比べて、歴史を説明するために、
写真や人形など、工夫が一杯でした。
そして、厳重にケースの中に入れられた三種の神器の部屋に。

暫く、ジッと見つめた後、建物をでましたが、
いや~、疲れました。

と、同時に、だんな様とだんな様の弟子が、口を揃えて、
「多分・・・多分だけどレプリカだと思う」

残念ながら、当然、内部は撮影禁止。
でも、彼らの眼からすると、「それなりの歴史が剣にしみこんでいない」
らしいです。

まあ、本物と見間違うほどのレプリカなら、それなりに意味があるのでしょうけど。

帰国して、実家の母と何気ない話をしていたら、母が急に、
「昔、家に真剣があってね。全部、戦争でなくなったけど、それでよかったのよね~。
どうやら、人が切れるほどの剣を持っていたら、切りたくなるらしいわ」

時にだんな様と、歴史的なものを展示してある場所に行くと、
それなりの歴史があるものは、価値があるのでしょうが、
気を許すと、ドン被りします。

歴史って、感情を抜きにして、客観的なものとして語られますが、
この被り方から想像するに、「人の感情の歴史」みたいな感覚さえします。

観光スポット。
訪れて、いろんな事を感じるのは大事なことですが、
そのままダイレクトに受け取るには、感覚の鋭い人にとっては、
ちょっと大変だったりすることも少なくありません。

だんな様はいつも、
「こういう場所にくると、うるさいのと、足が急に痛くなるんだよね」

今回のエジンバラ城も例外ではありませんでした。

う~ん、それにしても、三種の神器の本物はどこに?
意外と、ホリルード宮殿(エジンバラでクイーンが滞在する場所)にある?
などと、探ってみたくも・・・なりますよね(笑)

IMGP3788
IMGP3788 posted by (C)kumisensei
写真は、ロイヤルマイル沿いにある大きな教会。
見学する価値のあるステンドグラスはありますが、入るのであれば、
感覚の鋭い方は、用心するに越したことはないと思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



スポンサーサイト
EDIT  |  03:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |