2013.07/06(Sat)

【だんな様は霊能力者】 最近のトピック 

最近、だんな様のところに来るトラブルは、
日本の神様系

だんな様もブログで書いているように、
「神でしか解決できないトラブル」が。

「どうしてかしらね?」
「最近、陰陽師とか観てるからかな?」
と、話をしますが、偶然にしてはあまりにタイミングがぴったりすぎ。

エジンバラ、ロンドンでは、ロズリン礼拝堂からテンプル教会まで、
「社会の成立と教会との関係について」
なんて堅苦しい(笑)論文でも書けそうなことを感覚的に
学んだ感じがしていますが、じゃあ日本では?というと、
日本も日本で、ある意味、似たような発展をとげて、
街が広がり、人が増えていきます。

私が観ていた陰陽師のマンガでも出てきましたが、
神にアクセスするには、その国の言葉で話しかけるのが原則とか。
言葉には、音も含めて言霊が宿るのですから、
当然と言えば、当然のこと。

日本で起ったトラブルを、イギリスとかアメリカとか、
外国の法律で裁こうとしても解決しにくいのと同じなのでしょう。

昔から日本に住んでいるものの中には、
全ての霊が宿るとされ、
人がそう思っているから余計に、
ちゃんと宿る・・・みたいなこともあり、
よく聞く例は、大きな樹を切る時。

それこそ、私が昔、先生として勤めていた学校には、
校舎の南側に大きな楠があります。
夏は日影ができて助かるのですが、
大きく育ちすぎると、どうも教室が暗くなる
というので、伐採をすることに。
ところが、伐採を請け負った人が立て続けに亡くなり、
結局、伐採されることはなかったとか。

代々、その学校の校長先生になった人は、
ポケットマネーで、毎年その樹のお祓いをしていました。
多分ですが、今もそれは続いていると思います。

数か月前には、お庭を造り直したいと思われても、
どこの造園業者さんにも断られてしまうという方がいらっしゃいました。
どうも、その庭に植わっていた樹が、作業を止めてしまっていたらしく、
しかるべき手順で、しかるべき人が作業にかかってくださり、
先日、無事にきれいになりましたと写真を見せてくださいました。

こんな事を本能的にか知っているロンドンの妹も、
庭の木を移動するとか、切ってしまうとかいうときには、
電話をかけてきます。

色々なものに命が宿り、そこに霊が宿っている。

そんな風に周りを見回すと、風景がちょっと違ってみえてくるかもしれません。

CIMG0898
CIMG0898 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:35 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |