2013.07/12(Fri)

【だんな様は霊能力者】 翻訳本 

いや~暑さで、頭の中まで溶けそうです・・・。
本文を書かないまま、ブログをアップしてしまうあたり、
その影響でしょう(苦笑)

夏ですから暑いのは当然。
ですが、何もここまで張り切らなくても・・・
暑い、暑いという元気さえ、奪われそうな勢いです。

さて、だんな様も紹介してくれていましたが、
7月20日に出版予定のダイアー博士の翻訳本が
アマゾンでも予約開始です。
(というかもう数日前からアップされていましたが、
表紙の写真が入っていませんでした)

ダイアー博士の願いが実現する瞑想CDブック―――本当の自分に目覚め、心満たされて生きるダイアー博士の願いが実現する瞑想CDブック―――本当の自分に目覚め、心満たされて生きる
(2013/07/20)
ウエイン・W・ダイアー

商品詳細を見る


CDブックになっていますが、本の中には、
自分の望みを叶えるための心や精神の訓練について、
詳しく書かれていて、なるほど・・・と思う点がいくつもありました。

瞑想をするとか、手法はいくつもありますが、
時に立ち止まって、自分が望んでいることの内容やその意味、
そして、望みそのものについて、眺めてみるのも良いかと思います。

望みと言うと、「まだ叶っていないこと」
そして、こうした本に良く書かれているのは、
「すでに叶ったかのように感じること」

ただ、その感情はできるだけ建設的なものにしたいですね。

昨日の伝授でもそんな話になりました。
一年前に上司から言われたことが忘れられない。
だから、今年の夏には、言われたことをやって挽回したい。

気持は良くわかりますが、やっぱり何を、どう挽回するか
という部分では、感情的にならず、ちゃんと見つめる必要があります。

言われたから、今年はこうやったんです!

と、頑張って言ってみたところで、言った本人は、
自分の言葉を覚えているかさえ、わからない・・・。

つまりは、「言われたことをやって、良くやった!と言われたい」
という望みには、いくつもの「無理」があったりします。

一番大きな「無理」は、相手に対して、
こう思ってくれるだろう、こう思うはずだと期待すること。

相手には相手の都合があるのですから、
こちらが思うようには、いかないものです。

自分が叶えたい望みを持つとき、こうした「無理」な要素が
入り込むと、ますます「望み」は叶えにくくなります。
そもそも、その「望み」そのもの、本当に自分が望んでいることかどうか。
これだけで、まさに数時間、ずっと話ができるほどでした(笑)

ですが、数時間の話の後、救われたのは、
望みを叶える事ではなく、望んだことから解放された・・・
という、本人の気持が変わったことだったのも印象的でした。
何より、「こうすれば、こうなるだろう」と思い込んでいたことを
行動に移す前に、その思いそのものが消えてなくなった・・・
そんな感じでした。

人は、自分の感情に「縛られて」生きているんだな~と、
彼を見て、思った次第。

望みを持つのもよし。
望みに縛られて生きるのもよし。
ならば、その望みが叶った後には、自由になりたいものですね。

(夕日も良いですが、この時期の朝の空気もなかなか素敵です)

CIMG0971
CIMG0971 posted by (C)kumisensei
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |