2013.08/10(Sat)

【だんな様は霊能力者】 選択を分析する 

今日、ふとしたことから観てしまった番組。
コロンビア白熱教室

人は、いくつもの選択をしながら生きている。
その選択をいかに『賢く』できるようになるかについて語った授業だったのですが。
とても面白く、そして話題も豊富でした。

例えば、あなたが就職の面談に行くのに、自由に時間を選べるとして、
いつ行ったら相手の印象に残りやすいかといった質問。

世界で有名な投資家が、どうやって投資先を決めているかという視点。

イラク戦争前に、軍事演習をした際、最新の武器を備え最新の通信機器を持ったグルーブと
長年の「感」で戦いをしてきた軍曹が指揮を執った仮想敵との対戦結果とか。

選挙の際、どの順番に写真が載った方が、どのくらい有利なのか。

などなど・・・。
それこそ、私の「記憶」もかなり怪しいので(苦笑)
ここに挙げた例も印象に残ったものから挙げていますので、
興味のあられる方は、番組か本を読まれてくださいね。

人には思考の癖がある。
誰もがそれに気が付いているのに、なかなか簡単に治せるものではないのですが、
間違えた記憶に基づく選択を正すのに、「選択日記」をつけてみようというのが、
コロンビア大学ビジネススクールのアイエンガー教授による「選択の科学」。

選択をするのに、直観か理論か。
そんなことも、この番組では語られていました。

だんな様が何かの問題の「原因」を探るとき、
実際には原因となっている可能性のあるものが沢山あって、
その中から、「ピン」と来る場所を探し出しています。

自分の「感覚」から「感情的」な部分をできるだけ排除すること。
いや、感情にできるだけ「理性を持たせること」

それが、見えにくい原因や糸口を探る方法だと、
だんな様は言いますが、言葉にするとややこしくても、
その決断は、ホンの一瞬。

それが見えない人にとっては、ただの「勘」があたる、あたらないの
世界になったりするのでしょう。

冷静な判断をして、選択をするには、
霊能者の場合は、感情に振り回されない自分をしっかり作り上げる
必要があったりします。
感情は、判断したり選択したりするより、ずっと
スピードが速いので、自分で意識しなくても、余程訓練しないと、
すでにその方向に、自分が走り出していることさえ、自覚するのが難しい。

また、霊能者同士だと、相手がいかに「感情的」かも
瞬間にして「感情的」に「感覚」として受け取ります。

どんな感覚の鋭さを持っているかは、個人個人違っても、
自分が持っている感覚は才能でもありますから、
それを最大限に生かすには・・・、
やっぱり、ちゃんとコントロールするために
自分の「選択」を時には振り返ってみるのも必要かも知れませんね。

CIMG1272
CIMG1272 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |