2013.08/11(Sun)

【だんな様は霊能力者】 お盆という概念 

ん・・・確かに、難しい・・・。
今日、外国人の方に「お盆」の概念を聞かれ、
必死で説明(←日本語だったことがせめてもの救い)

「どうして、日本のお盆には霊が帰って来るの?」
→「生きている時に、お盆は自分の家に帰るものだと思っているから」

「たとえばキリスト教の場合は?」
→「多分・・・帰るものだと思ってないから、帰らないと思うわ」

「上に行くって、仏教の場合、どこに行くの?」
→「仏様の作った世界。ちゃんと行ければの話だけど」

「ちゃんとたどり着かないことってあるの?」
→「あの世は、めちゃくちゃ広いから。
世界旅行に出かけるようなものって言ったら感覚的にわかるかな?」

「あの世に行ってない外国人の場合、日本のお盆みたいな
重い空気の原因になるの?」
→「その人の意識次第だと思うわ。
同じようにあの世に行ってなくても、この世に留まっている理由が
ちょっと違う気がするのよね」

なぜなぜ状態の彼女に、どのくらいわかったかは、はなはだ疑問(苦笑)

で、私自身もまだまだ知らない、いろんな人や霊の事情があるわ・・・
と、説明しながら思った次第。

そういえば、スコットランドでも同じようなことを聞かれた覚えがあります。

先祖や戦争などで亡くなった人を思い出すメモリアルデーみたいなものは、
スコットランドにもあるけど、どうして日本ではお盆ってあるの?
みたいな質問(苦笑)

あの頃に比べると、少しは答えられるようになった分、
自分がわかってない、あるいは、自分ではわからないだろうな~と
思うこともわかってきた気がします。

今、はっきり言えるのは、
「亡くなった後、どうなるかは、生きている今の私の意識次第」
ってこと。

そういう意味も含めて、お盆の意味、もう一度見直してみたいと思います。
ご先祖さまと一緒にね!

CIMG1288
CIMG1288 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  01:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |