2013.08/21(Wed)

【だんな様は霊能力者】 先祖を辿る(2) 

先祖に思いを馳せる・・・そんな時もあって良いでしょう。
だけど、
「先祖を大事にすること」と、
「先祖の言うとおりにすること」は、
違う・・・と感じることが良くあります。

これって、ある意味、
「親を大事にすること」と、
「親の言うとおりに従う」のは、
ちょっと違う・・・っていうのと、とても似ています。

・・・っていうか、結局は、親も先祖の内なので、
相手が生きていても、生きていなくても、
「自分の人生は、自分が生きている」
という視点を忘れないようにしないと、
特に、感覚の鋭い人の場合、先祖からのメッセージ、
近しい人だけに、自分の感情なのか、
他人の感情なのか、区別がつかなくなったり、
あるいは、自分じゃないとわかっていても、
先祖の感覚に逆らえない・・・ってことになることも。

先祖の感覚が、もしも、あることにこだわっていたら?
子孫が感じ取る感覚も、こだわりが元になっているはず。

何かにこだわること、すべてが悪いとは思いませんが、
親のこだわりを子供に押し付けるのはちょっと・・・
というのと同じレベルで、ちょっと・・・と私は思います。

今月も供養の月でしたが、先祖供養を毎日している弟子が、
毎日、夜中の2時ごろになると「供養をしてくれ」と
起こされるそうです。
それが、しばらくでも続けば、子孫が参ってしまって、
それこそ供養してくれる人と、共倒れ・・・なんてことも、
十分に考えられる状態でした。

自分の人生もそうですが、自分の思いを通したければ、
できるだけ自分の力で。

いつかは自分も先祖になるのですから、できれば、
頼る方ではなく、力を貸せる存在でありたいな~と、
私的には思います。

頼ってばかりだと、いつかは「またですか?」と言われてしまいそう(苦笑)

ポパイのオリーブも、「ポパイ、助けて~」ばかりじゃね。
もしそうだったら、「別れた方がいいんじゃない?」って、
余計なお世話ですが、アドバイスしてしまいそうです(笑)

CIMG1438
CIMG1438 posted by (C)kumisensei
見守っているような太陽も、ありがたいものの
何といっても、暑すぎると・・・ね・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |