2013.08/27(Tue)

【だんな様は霊能力者】 ぶらり散歩 湯島天神(3) 

もう一つのブログにも書きましたが、日曜日はいつもの月例会。
ブログを通じて数年前から存じ上げて初めてお会いした方や
ヒーラーさんとして活躍なさっている方など、
沢山の方にお会いでき、楽しい時間を過ごしました。

まさに、今、私が翻訳している内容とも被りますが、
それこそ「被る」お仕事でもあるヒーラー。

自分で浄化できないと、なかなか辛いものだったりしますし、
自分が浄化できていないと、クライアントさんに迷惑をかけることにも。

とはいえ、自分で「被ったり」して、体調を崩したりしないと、
そこに真剣に向き合えないものだったりもします。
基本的に、人は自分の「体験」や「体験したこと」の延長上でしか、
感じられないものだったりするので、
逆説的ですが、被って辛い思いをしてこそ、
クライアントさんの辛さも共有でき、
良い仕事ができるようになる・・・とも言えますよね。

・・・ただし、いつまでも、影響を受けている状態が続くと言うのは、
先ほども書きましたが、いただけません!

さて、先日から続いている「湯島天神 ぶらり散歩」ですが、
被りを取るのに、自分がすっきりする神社にお参りに行く!
というのは、有効な手段です。

受験の祈願に訪れる人が多いと言う「湯島天神」は・・・
ん・・・正直に言って、被り落としに効く神社ではなさそうでした(残念)

お守りやグッズはなかなかかわいかったですが(笑)
CIMG1477
CIMG1477 posted by (C)kumisensei
(これ、だんな様のお勧め???)

すっきりするために神社に行って、がっつり被ってしまうこともあります。
いや~、そういう私も、何度もそんな目に遭いました。
神社の中は、基本的には結界が貼ってあるので、
神様や神主さんが、人間が持ち込むストレスをしっかり浄化していないと、
逆に、被りの元が溜まってしまうことになります。

「残念ながら、浄化が必要だったんだね・・・」

雨や土砂災害が起ったりして、神社にも影響がある事が
ここのところ少なくありませんが、
結界が崩れてしまって起ることも
浄化作用として起る場合も、
さまざまですが、「結界、作り直し!」と言ったところでしょうか。

「結界って完成するのに、時間がかかるんだよね・・・」

やり直しておしまい!というわけにも行かない、
時間をかけてしか完成しない結界があるとすれば、
それが崩れるのも、余程の理由があってのことなのでしょう。

さて、さて、湯島天神の周りは、とても坂が多い場所。
有名な「男坂」「女坂」を始め、私たちが出会ったのは、
この前紹介した「切通の坂」の他にも、「実盛坂」
CIMG1486
CIMG1486 posted by (C)kumisensei
と言われるところがあって、この階段、なかなか長い(涙)
CIMG1485
CIMG1485 posted by (C)kumisensei
当時(って江戸時代)すでに、白髪をちゃんと染めていたらしい!!!
ってことが書かれていました。

この坂を下って行ったところにある、「一吉」
襖や屏風に加飾紙を扱うお店
古より使われる金銀砂子や刷毛引きなどの加飾を施したものを扱っているそう。
CIMG1492
CIMG1492 posted by (C)kumisensei
可愛い、きれいな紙が・・・。
CIMG1496
CIMG1496 posted by (C)kumisensei
そう、そう、神様にお参りするためのポチ袋を買い足しておきましょう!

というわけで、湯島天神ぶらり散歩+カミナリ+大粒の雨+
道場での個展+すっかり晴れて+一吉=帰りましょ!
・・・やっと、ぶらり散歩湯島天神編、終了!です!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |