2013.08/28(Wed)

【だんな様は霊能力者】 今日のリーディング 

早速昨日入った仕事のリーディングをしていました。
リーディングとは、翻訳の版権を取る前に、
文字通り「リーディング」して、企画書レベルに近いものをつくる作業。

ちなみに、編集者さんは私の作った企画書を、
会社の仕様に合わせて、作り直し
(たぶん数字的なものを具体的に加えたりして)
それからエージェントさんに版権を取るべく入札。
そして版権が取れたら、お仕事(翻訳)として、
また、私のところに戻ってくるという手順です。

いつも、この量の本をどうやって読むのだろう?
と、自分でも思いますが(笑)
今回も二週間で、2冊を読みこなさなくてはなりません。

翻訳の仕事を始めた時に、だんな様に言われた言葉
「自分のところに来た本は、基本的に断らないで、
世に出す努力をしなさい」

そして、最初に出版した本では見事に洗礼を受けました(笑)

今、見ても、厚い本で、これ、今やれって言われても
ちょっと考えるかもと言う感じ(あはは)

絵本とか文字が少なくていいな・・・
と思っていたら、この間、絵本のリーディングをやりましたが、
言葉を選ぶのが難しい事、難しい事(苦笑)

結局は、ないものねだりなんですね・・・。

自分の目の前に現れた時点で、何かの縁があるはず。
だから、「断らずに」できるだけ人の目に触れるように、
頑張って「つなぐ」ことが、やっぱり第一なのだと実感します。

そう、そう、今日のリーデングの本の内容は、
ずばり、「どうやったら、理想の結婚相手が見つかるか」というもの。

すでに結婚している私には、必要ないといえば、必要ないのですが、
毎日を一緒に過ごしている人に対する心遣いという点では、
ああ、そうよね・・・と、思う点が沢山ありました。

私が大事にしていることは、自分がされて嫌なことは、
絶対に相手にしないように・・・気を付ける。
これが第一かな?

今では、かなり感覚が上がって、ああ、感覚の鋭い人には、
こんな風に感じられるのね・・・って発見もしつつ、
そうすると、これまで、わかってなかったわ、私(涙)
と、反省しつつ。

霊能者と一緒に暮らすとなると、それはやっぱり
普通と違うことはありますが、同じ人間だし、
感覚が鋭いからこそ、わかることあり、苦労することありで
鋭ければ、鋭いほど、大変なことも多いのです。

だって、この世は基本的に、「普通」と言われている人たち仕様。

と、言いながら、その感覚の違いを楽しむことも忘れずに、
こうしてブログを書き続けている私も・・・
だんな様に言わせると、「おもしろいね~~~」
だそうです!

CIMG1674
CIMG1674 posted by (C)kumisensei
もうすぐ、夕日の写真を撮りはじめて一年です。
頑張ったね~~~~私!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



スポンサーサイト
EDIT  |  02:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |