2013.11/13(Wed)

【だんな様は霊能力者】 憑依癖 

絶対につけたくない習慣、「憑依癖」
ところがこれって意外と多いんです。

中には、憑依して、連れて行って欲しいと訴えられる場所まで
運んであげている・・・という人がいましたが、
それこそ、電車に乗らずとも行けるのに・・・と思ってしまいます。
そして、その間、乗っかられている人の体の負担を考えると、
とても繰り返せる話ではないと思うのですが、
まあ、それも本人が「役に立っている」と思える間は、
憑依癖であろうと、何であろうと、他人が治せるものではなかったりします。

「一回、憑依されるとね、外しても、『匂い』がするんだ」

誰かに訴えたくて、でも誰も聞いてくれない、そんな場合は、
人であろうと、霊であろうと、ちょっとでも聞いてくれそうな人を見つけたら、
それこそ、離さずおくべきか~~~ってなるのもわかるんですけどね~。

とはいえ、それは人に訴えて解決するようなものかどうか、
そもそもそこが問題なわけで、けれども、聞いてほしい~という
気持にとらわれた存在にとって、『匂い』はすがりたくなるものなのでしょう。

知らないと怖い話に聞こえますが、まったく無知というのは余計に怖い。
実は、憑き方にも色々あって、あまりに長い間、同じものが憑いたままだと、
外すこと自体が難しくなります。
すでにどこまでが自分で、どこからが憑いたものなのかの区別がつきにくく
なっているためです。

それに憑いたものの性格ってのもあって、たちの悪いものから、
ほんのちょっとした出来心って感じのものまで、それこそ色々です。
事情を冷静に聞けば、そうね~と思うような内容もないことはないのですが、
それでも、だから・・・人に頼ったり、憑いたりして良いという話しではないわけで。

たとえ、憑いても、肉体が元気でエネルギーに溢れた状態になると、
ふとした瞬間に外れてくれる時もあります。
まあ、所謂、霊にとっては居心地の悪い人になったってこと。
簡単に外れる場合には、憑いたものの性格もそれほどしつこくもないのでしょう。

・・・それでも、一度こうして接触があると、匂いがするもの。
また、どこかで・・・というケースも少なくなく、
そして、次に接触したものが、肉体のエネルギーではじき飛ばせるものかどうか、
それは、わかりません・・・。

「だから、外しただけでなく、匂いも消さないとだめ。
ココが大事なんだけどね」と、だんな様。

私には、どうやって消すのか・・・想像はできても、はっきりどうやるかは・・・
よくわかりませんが、とにかく消さないとね!

というわけで、憑依現象の後はアフターケアーも大事!
というお話でした。

こんなことがあるとか、ないとか、
信じるとか、信じないとか、
人それぞれ、それこそ好きなように信じておけば良いことですが、
実際に人が豹変したようになったり、妙に無気力になったり
(心のエネルギーを取られますから)
怪我しやすくなったり、病気がちになったり
(体のエネルギーも取られますから)
そんな事象を沢山見てきたものとしては、
ないと済ますわけにはいかないんだけどな~と、いつも思っています。

CIMG2573
CIMG2573 posted by (C)kumisensei
太陽だって、場所によって昇らない日があっても、
太陽が「ある」ことは確かなことですものね・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:02 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |