2014.01/13(Mon)

【だんな様は霊能力者】 アクセサリーはそもそも 

まだまだ試作中のアクセサリー、
そう、例の「お守りだって着替えよう、作戦」は続行中。

試作したものをまずは自分でしばらく使って、不具合を確認中です。

「被り防止に、光るものをつけなさい」
だんな様がよくアドバイスすることです。

そもそも、アクセサリーに使う石はむかし、むかし、
魔除けなど身を守るためなど、石に応じて役割はそれぞれでも、
目的があってつけたもの。
単なる飾りとして身に着けてもよいのですが、
それなりにちゃんと意味を持たせてつけると、
それなりの効果はでます。

最近、いろんな石がそれこそパワーストーンとして出回っていますが、
昔から使われてきた、たとえばメノウや水晶などは、
パワーや念が明らかに入りやすいとだんな様は言います。

光るものは、昔から魔除けに使われてきました。
色んなものをはじくために、汚れやすい場所には、
CDの光る面を外に向けて貼るという方法もあります。

はたまたメークもその昔は、魔除けや神に近づくための正装だったりします。

色々なものは、左手の薬指から入ってくる。
そうです、ですから結婚指輪は左手の薬指に。
結婚していない人でも、仕事に支障がなければ、
指輪など、かつてお守りとして生まれた装飾品を身に着ておきたいもの。

もともと、結構面倒くさい・・・と思ってアクセサリーを
付けなかった私も、実用第一で、外出する時も、普段も必ず身に着けています。

それから、色々なものが入ってきやすいもう一つの場所が、爪の間。
それこそ大学時代には、ちゃんとネイルをしていましたが、
仕事柄(←教師)気が付くと、あまり塗らなくなっていたものの、
被るようになってからは、しっかりと塗ることにしています。

できれば、強い色(たとえば真っ赤とか)の方が、はじく力が強いそうです。

髪もアンテナの役割をするそうですから、あまり感じたくない場合は、短めに。
感受性を高めたい時は、髪を伸ばしておくとよいそうですが、
当然ながらいつもきれいにしておかないと、溜まりやすい場所でもあります。

額(よくサードアイ、第三の目)がある場所は、
太陽がしっかり当たるように、前髪がある人も少し分けておきましょう。

キラキラ光るものを付ける場合は、何をはじいて、何を受け取るか、
そこを意識して、アクセサリーを選ぶといいかもしれません。

勿論、メイクも同じ。
むかし、むかしの始まりは、アクセサリーと同じ、
神に近づくものだったりするのですものね。

神様や仏様の像って、よくよく観察すると、結構、いろんなもの
身に着けていらっしゃいます・・・。

たかがアクセサリー、されどアクセサリー。
お守りとして身に着けることで、身を護ってもらっている実感のある人にとっては、
ともに闘う「仲間」「同士」みたいな感じです(笑)
ですから、友達と同じように、「選びたい」ものです。

CIMG3405
CIMG3405 posted by (C)kumisensei

今日の空も、きれいでした・・・
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  04:04 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |