2014.01/26(Sun)

【だんな様は霊能力者】 過去を振り返る 

過去を振り返るって時には大事。

振り返り方ってのもあるんでしょうし、
色んな経験をしてきた人の歴史を聞いていると、
なんだかとてもうらやましい気持ちで話がきけます。

昭和の時代の話となると、平成生まれの人には、
「へぇ~~~」って驚きの連続だったり(笑)
テレビ番組で、その時代のはやりの果物で世代をあらわして、
バナナ世代とか、キュイー世代、マンゴー世代とか、
あった、あった、と思わず見入ってしまいました。
(→普段、テレビをあまり観ませんが、これも「湯治効果」で
ホテルで時間をぼ~~っと過ごしながら観てしまいました)

カッコいい、カッコ悪い、なんて概念。
ま~なんと簡単に変わる事か!(苦笑)

それでも、過去を振り返る人そのものの話に
カッコよさというか、魅力というか、そんなものが見え隠れします。
これは、世代というより、その人個人の歴史。

ある人が、ある人生を過ごし、こんな人生だっただろうとか、
あんな人生だっただろうとか、残されたものが想像したりしますが、
仕事柄、そうした方の供養をした後、本人が人生を終えて感じていることは、
残されたものの感覚と、同じだったり、違ったり、
これまたそれぞれだな~と思います。

いつだったか、私の叔父の供養をしてもらった時には、
「こんなに大変だった」という人生を送った話しか聞いていなかったのに、
本人は、すっかりそんなことは乗り越えて、「楽しかった~~」と思っていたり。

それが、合っている、合っていないは、どうでもよいのですが、
自分の人生の「風景」の編集は、自分がやっているということを
教えてもらったような気がします。

同じ過去の話しでも、
「あら素敵だわ~~」と思う事と、
「終わったことなのに」と思う事。
それこそ、自分勝手に選択して聞いていたりするんでしょうけど、
多分、それは「内容」ではなく、語る人への関心の問題なのかもしれません。

「終わったことなのに」「過去のことなのに」
と、思い出話を聞いている人も、いつかは、そう思われる立場に(爆)
振り返っている瞬間も、自分の「歴史」作り続けている、
そんな意識もちょっと持てると、自分の人生の「風景」が豊かになるかもしれませんね。

CIMG3654
CIMG3654 posted by (C)kumisensei
曇り空の時もある。
でも、そのまま曇り続けることもなく・・・
明日は雨(涙)
いや、その後は晴れるらしい(笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:41 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |