2014.03/14(Fri)

【だんな様は霊能力者】 お彼岸が近づくと 

毎年のこと、お彼岸が近づくと空気が重くなります。
毎年、2回、春と秋のお彼岸の前には必ずといってよいほど、
この重い空気の中、急におなかが痛くなったり、頭が痛くなったりと
体調が不安定になるという、感覚が鋭いって大変ね~~~~~、
なんて思っていたら、最近は自分まで敏感になったのか、
とても他人事ではなくなります。

お奨めするのは、この時期、できるだけ大事な結論は出さないように
(あはは)
ど~~も、すっきり、前向きに考えられないという傾向は否めません。

それでも、幼いころからこんな感覚にある意味慣れた人たちは、
(←含、だんな様やだんな様のお弟子さんたちなどなど)
「お彼岸だから仕方ないですよね~~」と冷静(苦笑)

それこそ、ふつ~~に頭が痛くなったり、お腹がいたくなったり。
その上、3月11日の震災の影響もありますので、空気はますます濃いものに。
スピリットの世界・・・なんて言葉を聞くと、
ついつい頭を突っ込みたくなりますが、その世界は、
天にもその逆にもアクセスしやすい時期。
つまりは、生きている人々とそうでない世界の接点が広くなる時期なのです。

護身法などで、自分にガードを貼っていても、
先祖の影響で自分の中からいろんな感情が湧きあがってきてしまうと、
自分被り(自分から出たもので、自分が被る)ってことも少なくありません。

私といえば、もうここのところ、空気が段々と重くなっているのも
感じられないぐらい、ず~~と十分に重いわ、と感じていますが、
だんな様によると、やっぱりお彼岸に向けて空気がどんどん濃くなっているそうで。

なので、とても前向きな人でも、この時期は少々凹み気味、
なんてこともありますので・・・色んなこと、せめてもお彼岸が終わるまでは、
ちょっと、できるだけサスペンドしたいな~~(そうはいかないこともありますが)

だんな様は、先日行われた空手の昇級審査の写真の整理中。
数千枚ある写真の整理は大変そうです。
それに加えて、どうやら我が家は「断捨離」モード。
先日は、倉庫の中を一掃作戦!
多量のごみと、懐かしいいろんなものが出てきました。

古いものは、色んな流れを止めてしまいます。
勿論、忘れないで受け継ぎたいものもありますから、
そこは、「その気」になったら、整理して捨てるものは捨てる、
残すものは残す。

頭も心も同じように「断捨離」しながら生きていきたいものですが、
体を動かし、実際に整理すると、その時はそれこそ空気が重くなることも
ありつつ、少しずつ捨てた空間に出来たところに空気が流れ始めることでしょう。

春になると、色んな環境の変化も待ち受けていることでしょう。
できるだけスッキリしてスタートを切るためにも、
ここは、重い空気に負けないで頑張りましょ~~~。

CIMG3991
CIMG3991 posted by (C)kumisensei

http://www.h4.dion.ne.jp/~u_bukkyo/
Adept・Mentor 島津相談室
スポンサーサイト
EDIT  |  05:10 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |