2014.03/26(Wed)

【だんな様は霊能力者】 心も被る 

人から色々な影響を受ける、所謂「被り」の時に起る事。
一番わかりやすいのは、体の症状でしょう。

お腹が痛い、頭が痛い、目がかすむなどなど、
症状は様々ですが、だんな様のお弟子さんたちも様々。

一人は被った途端に、くしゃみがとまらなくなる。
そして、二人は手のひらの血流が悪くなって、手が真っ黒に(驚)

などなど、体の不調は目で見てわかるから、
まだ対処がしやすいというか、放っておくわけにもいかないので、
まだ早めに気が付きやすいのです。

そして、そして、被った時には、実は体だけじゃなく、
「心も被る」

そうか・・・だからか・・・と、思い当たる節がたくさん。

イライラはもちろん、気が短くなる、怒りっぽくなる、
落ち込みやすくなる、などなど、本当に何も自分には
そうなる原因がないのに、気分がどんどん落ち込んでいきます。

先日終了した「お彼岸」。
私への影響は、グランピー病(つまりは機嫌が悪い)
気のせいかな~、先祖のせいかな~?などなど思っていましたが、
ロンドンの妹から、ヘルプの電話がかかって、
「理由がないのに、すべて順調に行っているのに、
何故かここのところ機嫌が悪いの~~~」
・・・む・む?私と同じ(笑)
二人でとりあえず、お彼岸すぎまでは、
重要な結論はすべて見送り~~~!!!ってことに。
多分・・・騒いではいなかったものの、先祖の影響だったのでしょう。
その証拠に、あの理由のない機嫌の悪さはなくなりました。
勿論、ちゃあんとご供養しました!

さて、私も良くありますが、心が被った時に起るもう一つの現象が、

「拒否感」や「依存心」

どちらも心も体も固まって、身動きが取れなくなってしまいます。
すぐそこに、何からの解決の道があっても、見えなくなって、
自分を守る事だけに必死になってしまう心の状態です。

ん・・・これも身に覚えがある・・・(苦笑)

心がほぐれると、こんな時の自分への反省モードに入るんですが、
そんな時は、ちゃあんと周りが見えるはず。
でも自分を責めることより、成長してくれた方が嬉しいな~~
と、私的には思いますし、自分もそうありたいと思います。

というわけで、ちゃんと心にも護身法を着ておく必要ってあるんですね。
目指すところを見失わないようにしたいものです。

CIMG5145
CIMG5145 posted by (C)kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



スポンサーサイト
EDIT  |  03:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |