2014.05/21(Wed)

【だんな様は霊能力者】 過去の思い出し方 

「ああすればよかった」
後悔して思い出すことって、たくさんあります。
でも、いくら、そんな風に思い出しても過去は過去。
変わるものでもありませんよね。

だから、今、ここから、「あの時があったから、今がある」と思えるように、
訓練してみる。

誰だって、後悔したくなるようなことの一つや二つ、あります、あります。
でもとても前向きに生きている人と、そうでない人の違いって、
いわゆる運が良い人と、悪い人、だと思ってしまいがちですが、
実際は、そんな公式じゃないんじゃないかな?と。

確かに、へこむようなことって、時々起りますが、
だからこそ、二度と起こらないように・・・と心に決める。
すると、どんなトラブルも、どんな困難も、
自分の能力を引き出すきっかけになっていた・・・って気が付いたりして。

例えば、「許せない!」と思うような出来事があって、
それで、何かしらの努力ができたら、
やがて、その人、その出来事、ぜ~~んぶ「許して」、
前に進まなくては、それ以上進めなくなるときが来たりします。

あれがきっかけで、こんな努力ができたな~と思う。
それが「許す」ことかな?と。

もちろん、相手や起こったことすべてを「起こってよかったこと」
「そのままでよいこと」と思う必要もなく。

ただ、「起こった過去」を自分のために許すことができたら、
それこそ、どんなに自分のためになるだろう・・・と、思ったりして。

「許しなさい」なんて言葉を聞くと、頭にきているときは、
余計に「許せない!」なんて思ってしまうものですが、
その感情で一番傷ついているのは、自分だったりするんでしょうね・・・。

「経典って、あいまいだから、どんな風にも解釈できるんだよね」

やっぱり、経典は読んだだけでは、理解できず、
はたまた感情的になっているときには、ますます理解できず、
わかった!と思っては、そんな気持ちになかなかなれない・・・と思うことあり。

でも少しずつ、少しずつ、何かを自分で経験しながら、振り返って
わかってくるものなのかもしれませんね。

過去を振り返るって、そんな意味があるんじゃないかな?と思ったりします。

CIMG0083
CIMG0083 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:51 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |