2014.05/27(Tue)

【だんな様は霊能力者】 自分のルーツ 

基本的には、自分の過去のことはあんまり気にならないというか、
終わったことは、終わったこととして生きてきた私(笑)

昨日の月例会では、心のふるさとに戻った旅のお話をお聞きしました。
そう、そう、先日の九州への旅は、ある方の「故郷」へのお里帰りの旅だったのです。
旅にこぎつける1年ほど前から、だんな様のお弟子さんたちを含め、
その方の「お里帰り」に付き合う気、満々!
たぶん、本人より、周りのほうが気合が入っていました。

過去世も含めて、過去のことは、「終わったこと」
でも、その「終わったこと」にどこか心を残したままだとるすと、
ここから自分が始まったということを自覚するだけで、
人はなんとも落ち着くものなんですね・・・。

・・・といいたいところですが、お里帰りをしたご本人。
確かに、落ち着いたといえば、落ち着いた、
でも、変わってない、といえば、変わってない(笑)
ますます、本人らしくなった、というところでしょう。
ま、よく考えると、魂や体の「里帰り」をちゃんとしても、
何かが「ガラリ」と変わる・・・ってはずもなく・・・(笑)

何しろ、「そこ」が出発点で、それからいろいろな経験を積み重ねた今があるわけで。
過去のことを「過去」のことと、ちゃあ~~んと認識することで、
今の自分の軸ができるみたいな感じでしょうか。

と、書くととても簡単なことのように聞こえるかもしれませんが、
その原点に戻るまでには、本人、様々な浄化を繰り返してこられました。
はたまた、その原点となる場所に行ったのは、初めてじゃなく、
この前に行ったときには、好きな場所なだっただけで、
深いところの浄化につながるタイミングではなかったようです。

今回は、しっかり自分が「ココ」から、様々な人生を始めたという認識を
しっかり持てたことで・・・
繰り返しになりますが、ますます、本人らしくなられました(爆笑)

例えば、自分の過去世を知ったとき、自分の今の悩みや苦しみが
すっと消えてしまうのではないか、などなど、様々なイメージがあるかもしれませんが、
彼の変わり方を見ていると、そんなイメージとはちょっと違う、
何とも不思議な変化です。
何も変わってないけど、確かに何かが変わった・・・っていう感じ。

この旅行が終わってから、初めて彼に会った人たちが口をそろえて、
「変わられましたね・・・別人かと思いました」と。

たぶん・・・今、ヒットしている「雪の女王」の歌にある「ありのままの自分」
を素直に受け入れられるようになった・・・ってことなのかもしれません。
いやはや、それにしても、それを受け入れるプロセスにも、
それから、その変化が確実なものになるにも、もう少し時間をかけて
観察する必要があるかもしれません。
え!こんな部分も、あったわけ???なんてことも、発見してしまったりして・・・(苦笑)

CIMG0138.jpg
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |