2014.07/23(Wed)

【だんな様は霊能力者】 アンカー 

昨日は、私の誕生日でした。
ま~、本当にたくさんの方から、祝っていただいて、
この上なくしあわせ~~な、一日。

ほとんど毎日のように電話で話す母が、
忘れてた~~~誕生日おめでとうと言おうと思ってたのに~~
と、今日、メールでメッセージをくれました。

いやいや、実は私こそ、産んでくれてありがとうを伝えるのを忘れてしまった・・・(汗)

小さい頃から、気が付くと、本当に自然にそう思い続けていました。
何の偶然か、偶然じゃないかわからないけど、
産んでくれて、育ててくれて、面倒を見てくれて・・・。
まあ、一般的な子供の思うことじゃない感があり(苦笑)
どこか、まるで他人に迷惑かけた人みたいな思考回路(爆笑)

今、思い返すと、どこかで「魂」の意識の強い子供だったのかもな~と思ったりします。

スピリチュアルな人には、大きく分けて2つあって、
過去世をしっかり覚えたまま子供時代を過ごす人と、
ある時期まで、あえて思い出さないようにしている人がいるようですね。

だんな様はどちらかというと前者。
で、妖怪なんかと遊んで、よく迷子になっちゃったらしいです(爆)
私は・・・きっと、後者なんでしょうね。
でも、思うに、敢えて思い出さないようにするのはリスクを伴います(笑)
・・・つまりは、忘れたまま・・・という・・・。
ま、それでも時期が来れば思い出すものなのかもしれませんが、
したたかな(笑)人の場合、ちゃあ~~んと、自分で思い出せるように
「アンカー」みたいなものを仕込んでいることも!!!

そして、その多くは、残念ながら、ハッピーなことばかりでなく、
自分でも意外なほどの一大事とか変化とか、誰かとの出会いとか。

今生きている自分の頭で描くプランなんて、小さい、小さい(あはは)
頭で想像できるぐらいのプランなんて、つまらないといえばつまらない。
・・・と、余裕を持って言ってみるものの、自分で置いたアンカーに
自分が一番驚くという(っていうか、自分でそうした訳ですが・笑)

また、小さいころに過去世をちゃんと忘れないままでいる人は
いる人で、リスクがあります。
「なんで、こんな小さい子と一緒に遊ばなくちゃいけないの?」
(↑自分も小さい・笑)
と、同じ年頃の子供と遊んでもちっとも面白くなかったとか、
大人の都合が丸見えだったとか。
まあ、私だったら、世の中なめちゃうかも(笑)

そんな、こんな、リスクを抱えた時期をとおりすぎて、
今、ここにいるわけです、それぞれが、それぞれのプランにしたがって。

まあ、注意事項があるとすれば、過去は過去でしかない(←by だんな様)
そして、アンカーを置いた人は、置いたことをたとえ忘れたとしても、
挑戦することを忘れずに~~~~ってことぐらいでしょうかね?

CIMG1106
CIMG1106 posted by (C)kumisensei
夏になる度に、こんなに暑い思いをするとは・・・プランになかった・・・(汗)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |