2014.08/17(Sun)

【だんな様は能力者】 神様の日と盆供養会 

さて、昨日は午前中は、神様のご縁日、
引き続いて、盆供養会をたくさんの方々にお集まりいただいて執り行いました。

暑い一日でしたが、祈りも熱い!
この前のブログで書いたように、
ただ、ただ、楽になられる場所、それぞれの場所に戻って、
それぞれの役割を果たしましょうという日でもあります。

過去の出来事を振り返り、感情を抜きにして、
冷静に分析する心理状態になれるまでは、
時間も、物事のとらえ方も必要でしょう。
それに、そんなに簡単に切り替えられるものでもないことは、
重々承知ですし、あることを経験していなければ、
そのことが、わかっているつもりで、わかっていないってことも
それこそ、わかったうえで・・・。

その痛みや苦しみを、想いやる想い方。
人は、それぞれの人生で、表面上、異なった経験を重ねていきますから、
逆に言えば、「同じ経験」をすることは不可能に近い。
それに、同じような経験をした者同士しか分かり合えない境地というのもあるでしょう。
だからこそ、ただ、ただ、祈る。

人はどうしても、過去を振り返り、あれが間違いだった、これが間違いだったと、
原因探しをして、それを排除すれば、あたかもその問題が起こらなかったかのような、
それこそ、錯覚に陥りがちなものです。

けれども、選択する意識、意志が変わらなければ、
原因に思えるものを、たとえ選ばなかったとしても、
それに限りなく似たものを選んでしまうのでは?
と思うことしばしば。

そして、そして、その意識を保つには、より大きな視野を
常に意識しておく必要があるのでしょうけど、
これまた、すっかり忘れてしまって、その時には気が付かないほどの
わずかなずれが、気が付くと大きなずれにつながっていているってことも。

昨日の供養で感じたことは、ご先祖様やさまよう霊に「楽になってもらう」
というのは、生きている人間が「楽」だと思うこととは、若干違う。
同時に、生きている人間の「楽だ」と思うことも、本当は別にあるのでは?
と思った次第。

いや~、この辺りは、永遠の課題。
自分にとっての幸せは、自分で決めて「幸せ」と思えるかどうかにかかっていますものね。
人がかわいそうだとか、自分がかわいそうだとか、思っていても、
なかなか次に進めないものだったりします。

CIMG1324
CIMG1324 posted by (C)kumisensei

昨日のお花。
綺麗なものは、どこからでも、だれが見ても、きっときれいだろうな~と。
綺麗と思う心を持つ必要はあるでしょうけど。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3




スポンサーサイト
EDIT  |  05:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |