2014.09/02(Tue)

【だんな様は霊能力者】 ヒーラーになりたい 

お仕事としての「ヒーラー」を目指している方々にお会いすることは、
少なくないのですが、その第一歩は、

「自己浄化」

だ、そうです。

つまりは、自分が浄化されていなければ、誰かを癒すことなど難しいし、
浄化されてないことでたまってる自分の被りが、相手に乗っかることも。

「手術するのに、自分の手がきれいじゃないと、手術自体の腕より、
そっちの腕の方が問題だろ?それと、同じ」

確かに、その通りでございます。
・・・というわけで、お医学生は、何度も何度も、「手の洗い方」を学ぶそう。

それに
「ヒーラーになりたい」と思っている人は、自分が癒されたいと思っているんだ」
だ、そうで。
確かに、自分が癒された経験がある人は、人を癒すのにイメージは持ちやすいでしょうし、
軽くなった時の感覚は、ちゃんと知っているはず。
そして、それを施す側になった時には、「癒してあげたい」と思う気持ちプラス
どんなに被っている人でも、どんなに調子の悪そうな人でも、
フラットな関係が持てる、というのも大事なところ。

癒してあげた~~い!とばかりに、あちこち人との関係が近すぎると、
自分がせっかく癒してあげたのに!とか、
せっかく伝えたアドバイスをちっとも聞かないんだから!とか、
そして、そして、それが乗じてくると、相手の人生をコントロールしようとし始めてしまいます。
自分では親切心と思い込んでいるから、余計に厄介(苦笑)

どんなに苦手な相手でも、自分の側が、いつも冷静でいる部分を保つ。
ここまで来ると、プロとしてのプライドの問題です(笑)
何しろ、優秀なヒーラーさんというのは、被りをすっかり、すっきり、
吸ってくれる人、吸える人、でもあったりするのですから。
そりゃあ、施術してもらうと楽になるでしょう。
そして、施術する側の人は、自分の被りを相手に乗っけないだけの、
気力と体力と、そして、被った分を浄化できる力が必要。

でなければ、一度に被る量が少なかったにしても、
いつかは、自分の体の方が悲鳴を上げてしまいます。

ヒーラーになりたい気持ち、良く、良くわかります。
被りを取ってもらって、すっきりしたときの爽快感ったらないですものね~。
本来の自分に戻った!って感じ。
そして、いつも助けて~~と、誰かに頼るだけでなく、
それを人に施したいという気持ちはとても素敵なことだと思います。
だからこそ、その思いは大事に、自分自身の成長とともに育てたいものですものね。

CIMG0258
CIMG0258 posted by (C)kumisensei
月や空を眺めるのは、結構、自己浄化には効果的。
でも、自己流ではなく、ココは一度は習う必要があると思います!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



スポンサーサイト
EDIT  |  03:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |