2014.09/22(Mon)

【だんな様は霊能力者】 フライング 

だんな様も書いていましたが、お彼岸入りはしたものの、
お彼岸の行事は23日ということで、その日まで待ってもらっている状態。

でも、待ちきれない『フライング』するってのもよくあります。

供養をしているときに、それがどんな風景に映るかは、
見え方にもよるのでしょうけど、毎年、毎回、きちんと供養が進んでいる方の
ご先祖は、きちんと並んで、整然とその時を待つ・・・って感じ。

一方、これから供養が始まる、とか、供養を初めて日が浅い場合は、
どうしても、助かりたい~~とはやる気持ちで、出入り口に向かって
一気に走り出す、映画終了後の風景に似ています。

先祖といっても、10代さかのぼれば直系だけで千人を超え、
傍系までとか、兄弟までとか合わせると、まるでオリンピックの開会式。
ひとつのお家でこんな感じですから・・・相当な数、ということになります。

よく、だんな様のお弟子さんが、供養後に、
「慌ててたのか、頭を踏まれた」
「私も、背中とかあちこち押されて・・・」
と、話したりしていますが、整然とではなく、我先にとなると、
そんな風景もあり!ってところでしょう。

そんなご先祖の心理状態は、せっかく供養しようと、
楽になってもらおうとしている子孫に影響を与えます。
確実に供養が進んだお家は、子孫に力を貸せるほど落ち着いた方々が
多いお家ともいえるでしょう。

だからこそ、
「供養には、供養する側も威厳を持つように」
と、だんな様は言います。

供養は生きている「あなた」しかできないこと。
本家がやってくれているからと、自分の中に眠る遺伝してきたものを
大事にする意識がないと、そんな風に感じてしまいますが、
供養は、自分のため、そして先祖のため。

しっかり供養できるぐらいの体力、気力と
お互い供養(共に養う)先祖の状態を目指して、
お互い、頑張りましょ~~(←先祖へ向けて)

CIMG1702
CIMG1702 posted by (C)kumisensei
空から光の玉が落ちてきたみたいな風景。
ん?お彼岸だから、ご先祖様?
・・・って、ご先祖様が「光」になって降りてきてもらえるように、頑張るべし!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |