2014.09/28(Sun)

【だんな様は霊能力者】 文字の力 

最近、月例会では梵字をお教えしています。

種字といって、一文字である仏様をあらわす文字から、
真言をいくつか梵字で。
そして、今は般若心経を梵字で!に挑戦してもらっていますが、
なかなか手ごわいです(苦笑)

新しい言語を取得する(って固い言い方だな~~笑)のは、
いやはや、どんな言語でもなかなか難しいものです。

世界にはいろいろな言語があり、その言語にある力があるとか、ないとか。
なさそうですが、やっぱり、違いはあるわけで。

ま~現実的な世界でいえば、力がある、といえば「英語」ってこと。
そして、そして、スピリチュアルな世界では、ラテン語や、サンスクリット語、
などのように、むか~~~~~~~しから使われて、その形が
あまり変化のない言語には、特別な力があるとされています。

それって、どんな力よ!と突っ込みたくなると思いますが(笑)
それは、その言語がつかわれてきた歴史や、
その中に含まれている意味などなど、計り知れないものがあるはず。

梵字もそのひとつで、仏様の世界を表せる「文字」がある・・・
ってことだけで、どれだけ深い意味を持つ「文字」だろうと思ってしまいます。

梵字を書く練習をすると・・・実は、かなり書いている間に浄化がかかります。
それも般若心経を書き始めたら、この浄化力、半端ないです。
なかなかみなさん苦労していますが、それは、たぶん、文字の難しさだけではなさそう・・・。

でも、逆にいえば、ある文字を書いたら、自分で自分に浄化をかけられるのですから。
もちろん、般若心経には漢訳があり、それを写経するというのが一般的。
漢訳(つまり漢字)で書いても、十分、効果がありますし、いまや写経もなかなかの人気らしく、
写経の時間を設けているお寺も少なくありません。

これまで、般若心経に取り掛かってから数回の練習をしましたが、
ちょっと嗜好を変えて、集中して4回で終わらせるように工夫してみました。

集中している間に、しっかり浄化がかかりますし、仕上げた作品は、
それこそ梵字ですから、パワーがあるはず、という一挙両得を狙って、
一緒に頑張りましょう。

予告ですが、次は仏画の塗り絵に挑戦してみたいと思っています。
数年前、大人の塗り絵にはまったことがありますが、
これまた沢山の発見がありました。
はまりすぎて、今の仕事と同じ、目が疲れてショボショボになった思い出も、
塗り絵をしている間に感じた、塗り絵の絵の中に自分の意識が入る感覚が、
何とも言えない感じでした。
ちなみに、私がトライした塗り絵は、世界遺産になった風景。
塗り絵をした場所は、テレビで一瞬しか映らなくてもすぐにわかりますし、
一瞬にして、絵と画像の違いがわかったりします。
塗り絵の効果、恐るべし!です。

CIMG1776
CIMG1776 posted by (C)kumisensei

今日は夕日が撮れなかったのですが、代わりといってなんですが、
龍と・・・それから、天使!気になって、気になって、同じような写真を3枚も
撮ってしまった・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |